暑い国の旅行、何を飲んでますか?

シンガポールやマレーシアなどの暑い国を旅していると、冷たい飲み物をたくさん飲む機会が増えることでしょう。お酒が好きな人はとにかくビールに手が伸びてしまいがちですが、ビールは水分補給にはならず、逆に体内の水分を排出してしまうため、水代わりに飲むのは大変危険です。ビールはほどほどにして、水やお茶、そしてジュースで旅行中の体調を整えていきましょう。とくに、日本では味わえない南国ならではのジュース類は、試してみる価値ありですよ!

こんなオシャレ系タンブラーに入っていることも こんなオシャレ系タンブラーに入っていることも

ビールの利尿作用を侮るなかれ……!

かくいう私もビールが大好きで、暑い国ではひたすらビールに邁進していました。しかし、友人からの「暑い国でハードなハイキングのあと、ビールを飲んだら脱水症状を起こして倒れてしまった」という話を聞いて、すっかり怖くなってしまいました。それ以来、屋台やレストランでもまったく目に入っていなかったジュース類に関心が向くようになったのです。「私もビールとミネラルウォーターばかりじゃなく、せっかく来たならああいうものを飲んでみよう!」

コンビニや屋台で見かける、地味な存在感のドリンクとは

シンガポールに行ったとき、色鮮やかなフルーツジュースの中で、あまりの地味な見た目にかえって興味を惹かれたのが「バーリー(barley)」と呼ばれる大麦のジュース(バーリーとはそのまま「大麦」という意味の英語です)。白く濁った半透明の液体で、底に大麦の粒が溜まっています。見るからに地味な感じの味が予想できますが、見るからに健康に良さそうだとも予想できます。そのときちょうど少しお腹が空いていたこともあり、「あの底に沈んだ麦を食べると、少し腹持ちがいいかも」と思い、試してみました。

健康効果を期待できる?「バーリー」

バーリーとは、大麦を煮出して甘みをつけたドリンクです。体内にこもった熱を排出するといわれ、暑い国では好まれています。冷たいものが多いですが、お店によってはホットバーリーも出しています。さてお味は、頼りない甘さというのか、素朴な口当たり。いわば麦の煮汁ですから、フルーツジュースのさわやかさとは違います。むしろ「重湯」や「葛湯」のようなイメージです。底に溜まっている麦の粒にはたいして味はありませんが、ちょっと麦ごはんを食べている感覚で、予想通り、少しだけですが空腹もマシになりました。

国は違えど・・・

日本の麦茶は、煎って香ばしさを加えた、大麦で作るお茶です。これもやはり体内の熱を下げるために、夏場に多く飲まれますね。昔ながらの食の知恵は、国と形態は異なっても共通しているのだと知りました。シンガポールやマレーシアで暑さに参ってしまったあなた、「ビールだって大麦だから同じ!」なんて言わないで、ぜひバーリーをお試しください。ほのぼのとした健康的なフレーバーに、和みますよ。