オタオタ、その名前の由来とは

「オタオタ(otak-otak)」という食べ物をご存知ですか。シンガポールやマレーシアなどのマレー系屋台やレストランで食べることができる、魚のすり身のスナックです。かまぼこやさつま揚げなど、魚の練り物に親しんでいる日本人には、なじみやすい味なんですよ。でも、かわいらしい響きに似合わず、味はなかなかにパンチの効いた辛さ! オタオタという言葉は、マレー語で「脳」という意味だといいます。本物の脳みそが入っているわけではなく、まるで脳みそのように柔らかいということらしいですね(だからといって、なにも「脳」という名前にしなくても……)。

お酒にもおやつにもぴったり、マレー料理のスナック「オタオタ」 お酒にもおやつにもぴったり、マレー料理のスナック「オタオタ」

日本人になじみやすい、魚のすり身の味わい

原料はサバやサワラなどの魚です。エビやカニなどを入れることもあります。お店によって材料がちがい、味にオリジナリティーが出ます。すり身にした原料を唐辛子や香辛料で味付けし、バナナの葉(もしくはヤシやパンダンの葉)に包んで蒸し焼きにします。できあがると、ちょっと黒く焦げた葉っぱでくるまれたままの状態で、店頭に並べられます。

葉っぱにくるまれたビジュアルもナイスです!

葉っぱは両端の2箇所を楊枝でしっかりと留められています。そのため、中身はまったく見えません。オタオタを知らない人がこれを見ると、「一体あれはなんだろう? 中に何が入っているんだろう?」と、好奇心をそそられます。オタオタを知っている人は、焦げた葉っぱがぎっしりと並んでいるのを見ただけで、食べたくなってきます! 東南アジア諸国では、ホテルの朝食ビュッフェでもよく見かけますよ。

あなたならお酒、ごはん、どちらに合わせますか?

私が初めてオタオタを見かけたのは、シンガポールのアーケード繁華街「ブギス・ストリート」でした。好奇心から一つ買い求めてその場で食べてみましたが、予想外の辛さにびっくり。辛いものが苦手な私には、飲み物なしで食べるのが困難でした。そのあとも何度か口にしましたが、やっぱりどれも辛い! 私にはお酒の肴として、ビールが飲みたくなってくる味ですが、おやつや、おかずとして白いごはんにも合うのでしょう。もしもあなたがお酒好きなら、イスラム系のレストランはアルコールがないことをお忘れなく!