page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

教えて! シンガポール有数の美食の街カトンで厳選の3店 その3「アリババー」


掲載日:2018/01/03 テーマ:グルメ 行き先: シンガポール / シンガポール

タグ: スパイシー料理 バー・パブ 朝食


アリババ? いえ、アリバ“バー”なんです

テコンドーの看板が目印です テコンドーの看板が目印です

「教えて! シンガポール有数の美食の街カトンで厳選の3店」その2からの続きです。前回まではローカルムードたっぷりな2店をご紹介しましたが、最後はある意味で最も“シンガポールらしい”1店をご紹介します。場所はイースト・コースト・ロードとジョー・チアット・ロードの交差点の角。カトンの超一等地ですね! ここに、プラナカンスタイル(中国とマレーの混合文化)の美しいショップハウスが建っています。これが、一風変わった形式のレストラン「アリババー(AlibabaR Hawker Bar)」なのです。

変わり種のホーカーズなんです

ビールのメニューが大充実。悩みます!! ビールのメニューが大充実。悩みます!!

ここは、朝8時ごろからオープンして夜は23:30ごろまで開いています。金曜と土曜は深夜1時過ぎまで開いていることも。おもしろいことに、ここはごく小さいながらも何店舗ものお店が集まった「ホーカーズ」のスタイルをとっているのです。旅行者にも地元の人にも使い勝手のいい営業時間ですよね。何よりもユニークなのは、日中と夜では営業している店舗が変わるという点です。

時間帯によって、営業するお店ががらりと変わる!

ケバブをつまみに、一杯やりましょうか ケバブをつまみに、一杯やりましょうか

8:00から18:00までは、手軽に朝食やランチを楽しめるコピティアム。コピティアムとは、シンガポールの軽食喫茶のことです。名物のカヤトーストセットや、チャークイティオ(麺料理)がどんどん売れていきます。18:00以降はバータイムとなります。朝食やランチ営業をしていた店舗は店じまい。代わりに、ハンバーガーやステーキ、サテー、カニの唐揚げ、カレーなど、バラエティーとボリュームに富んだメニューを揃えた店舗が店開きするんですよ。

スポーツ中継を見ながら、ワイワイにぎやかな夜に!

ずらっと並んだテーブルとお客さん ずらっと並んだテーブルとお客さん

店内はとても狭い上に、陽が暮れたあとには欧米系のお客さんですごい熱気に! 「その2」の新海山菜館でもそうでしたが、ここもやっぱり、歩道にぎっしりとテーブルを出しています。夜になってもねっとりと肌に絡みつく熱気のため、ビールがどんどん進みます。この無国籍な雰囲気はたまりません。タイ料理やアラブ料理などの各国料理を、一皿ずつ別の店舗から注文して、テーブルでさらなる無国籍を楽しむことも自由自在なのです。

目移りするほどの名店ぞろいのカトンへどうぞ!

ケバブ、タイ料理、バーガーの店と並んでいます ケバブ、タイ料理、バーガーの店と並んでいます

3回に分けて、カトンのおすすめ店をご紹介しました。「その1」のラクサはまさにシンガポールのソウルフード。「その2」の中華料理は華人の国らしさがいっぱいです。そして今回のユニークなホーカーズ兼バーは、世界都市シンガポールを象徴するような、遊び心にあふれたスポットなんです。カトンは中心部からちょっと外れていますが、それだけにマニアックな魅力があります。カトンの街歩きのときには、あなたにぴったりのレストランを見つけてください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/01/03)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索