「コーヒー店」=「コピティアム」

シンガポール旅行中、誰でも一度はお世話になるであろう「コピティアム」。コピティアムとは、マレー語の「kopi(=コーヒー)」と福建語の「ティアム(=店)」を組み合わせた言葉です。シンガポール名物の「ホーカーズ」や「フードコート」よりもう少し喫茶店寄り、喫茶店よりは食事メニューが充実している、そんな飲食店です。旅行者にとってありがたいのは、コピティアムは朝早くから営業していて、朝食メニューがあること。私もコピティアムの手軽な朝食が大好きです!

異国情緒たっぷりな味のカヤトースト 異国情緒たっぷりな味のカヤトースト

アジア各国にも支店を持つ有名コピティアム

「キリニー・コピティアム」は、1919年創業というシンガポールでも最古参のクラスのコピティアムです。シンガポールのガイドには必ずといっていいほど登場しますね。MRTサマセット駅近くのキリニー・ロードに本店があります。国内外に多くの支店を持っていますが、おすすめはチャンギ空港店。その理由は、フライト後、いよいよシンガポールに入ろうとするとき、いち早く本場の味を楽しめるから。もしくは旅の最後、忘れがたいシンガポール・グルメの締めくくりにふさわしいから! おまけに、たとえトランジットで空港に短時間しか滞在しなくても、シンガポール気分を十分に味わえるからです。

朝食はもちろん、しっかり食事したい人も満足する料理がいっぱい 朝食はもちろん、しっかり食事したい人も満足する料理がいっぱい

パンダンリーフで風味づけされたカヤジャムは、緑色が美しい

チャンギ空港のターミナル1にあるフードコート内に、キリニーの支店が入っています。こちらで朝食の定番「カヤトースト・温泉卵・コーヒー」のセットをいただきました。カヤトーストはカヤジャム(卵、砂糖、ココナッツミルクなどを使うジャム)とバターをはさんだトーストのことです。キリニーのカヤジャムは、さらに南国風の風味を増すためにパンダンリーフを加えています。付け合わせの温泉卵は、ほぼ生卵といっていいほど、ごくごくゆるめに仕上げてあり、お好みで甘めの醤油を垂らします。そしてコーヒーは砂糖とミルクがすでにたっぷり入っているのが定番。もちろんブラックもありますが、私は郷に入っては郷に従うので、ふだんは飲まない甘いミルクコーヒーを合わせるんですよ。

フードコートなので紙コップですが、味はばっちり! フードコートなので紙コップですが、味はばっちり!

コーヒー自体の味が濃いから、砂糖とミルクに負けないんですね

カヤトーストは薄すぎず厚すぎずちょうどよいボリュームで、バターの分量も多すぎません(まるでバターを食べに来たみたいにバターが分厚いコピティアムもあるんです)。カヤジャムも、こちらと人気を二分している老舗「ヤクン・カヤトースト」のものよりあっさり軽い口当たりで、個人的にはこちらの方が好みです。そしてコピティアムの顔であるコピ、つまりコーヒーは、甘いけれどしっかりとコクがあります。甘いコーヒーといえば、つい粉末のインスタント製品を思い浮かべますが、やっぱりモノが違います。アイスコーヒーとホットコーヒーのどちらも、同じようにコクを感じられましたよ。さすが老舗の味です。チャンギ空港内なら24時間オープンですから、何時に空港に着いてもこの味を楽しめますね!

ターミナル1のフードコートはこんな感じです ターミナル1のフードコートはこんな感じです