page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

グルメ大国・シンガポールで絶対外せない料理トップ5。とても絞りきれないけれど、あえて選んでみました!


食べたいものばかりのシンガポールだから……

ブッソーラ・ストリート「カンポングラムカフェ」のソト・アヤム。これも安くておいしい! ブッソーラ・ストリート「カンポングラムカフェ」のソト・アヤム。これも安くておいしい!

シンガポール・リピーターの私は、「次にシンガポールに行ったらあれを食べよう、これもまた食べたい」といつも考えています。ひとくちに“エスニック料理”というと、真っ先に辛い食べ物が思い浮かぶかもしれません。その点、シンガポールでは辛いもの一辺倒というわけではなく、実にバラエティー豊か! 食の多様さは、多民族国家ならではの強みですね。シンガポールのグルメの中で、初めて訪れる旅行者にぜひ試していただきたいトップ5がこちらです!

1.ラクサなしには考えられない、シンガポール旅行

これはチャンギ空港で旅の最後に食べたラクサ これはチャンギ空港で旅の最後に食べたラクサ

まずは「ラクサ」。近年は日本国内でもシンガポールラクサが有名になりつつあり、気軽に食べられるようになってきました。ココナッツミルクを使った濃厚なスープと、えびのダシが効いた麺料理です。そもそもラクサは、マレー半島に根付いたローカル食。「あっさり」から「こってり」までさまざまな味のラクサがあり、シンガポールラクサは中でももっとも「こってり」な味が特徴です。本場はカトン地区で、中でも私のおすすめの店は「マリンパレード・ラクサ」です。シンプルな分、店によって違いが際立つのも楽しいですよ!

2.「福建麺」=「ホッケンミー」。中華系だけど一味違う

リトルインディアのホーカーズで。このフライドホッケンミーはえびダシのスープも絶品 リトルインディアのホーカーズで。このフライドホッケンミーはえびダシのスープも絶品

麺といえば、ラクサと双璧をなす麺料理「フライドホッケンミー」もたまりません。えびを豊富に使った焼きそばのようなものです。焼きそばといっても、とろみのあるスープでひたひたになっており、麺のコシはかなり頼りなく、非常に独特です。しかも麺は細麺と太麺がブレンドされているのです。辛味噌やライム(カラマンシー)を絞るとさらにおいしさアップ。私のおすすめの店は「タイフォン(泰豊)」です。ダシの効き方が抜群です!

3.インドから渡ってきた素朴な味、「ロティ・プラタ」

せまい厨房で魔法のように生み出されるロティ・プラタ せまい厨房で魔法のように生み出されるロティ・プラタ

インド系のグルメなら「ロティ・プラタ」をどうぞ。小麦粉の生地を薄く伸ばすパン料理で、カレーソースをつけて食べます。シンプルなだけに、たとえようもないおいしさなんです。油をたっぷり使うので腹持ちもばっちり。高級店ではなく、街中のホーカーズで焼いてもらいましょう。プラタ職人が生地を何度も空中に放り投げては伸ばしていく手並みを眺めるのもまた、素敵なスパイスになりますよ。

4.“ジャム”の概念をくつがえす不思議ジャムの「カヤトースト」

キリニーコピティアムのカヤトーストは、やや厚切り キリニーコピティアムのカヤトーストは、やや厚切り

甘いものが苦手な人も、一度はチャレンジしてみてほしいのが「カヤトースト」です。カヤジャムという、卵とココナッツを使った伝統的なジャム(というよりペースト)の、新奇ともいえる味わいが病みつきに。カヤジャムをこんがり焼いたトーストに塗り、さらにバターもたっぷりはさんで食べます。「料理といえるの?」と思われそうですが、これもやはり店ごとの味が違うので、食べ比べが楽しいんです。「ヤ・クン」「キリニーコピティアム」「トーストボックス」など、名店がたくさんありますよ!

5.少しお値段が張ってもぜひ。「プラナカン料理」

プラナカン料理店「キャンドルナッツ」は高めでも行く価値あり プラナカン料理店「キャンドルナッツ」は高めでも行く価値あり

最後に、シンガポール伝統の「プラナカン料理」を強くおすすめします。マレーと中国のいいとこ取りの料理ですが、手間がかかるため今はレストランの数が減っているそうです。私は、融合文化の象徴「プラナカン料理」こそ、ある意味でシンガポールそのものという気がします。この他にも、シンガポールはおいしいものがいっぱい! チリクラブ、バクテー、フィッシュヘッドカレー、チキンライス、キャロットケーキ……、さあ、何を食べましょうか!?

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/09)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索