まずはビクトリア・ハーバーの花火大会から

さあ、世界のおすすめカウントダウン、アジア・熱帯編です。日本からも行きやすいアジアなので、短い休みでも気軽に行けますよね。このカウントダウンで真っ先に上がるのは、定番とも言える香港のビクトリア・ハーバーのカウントダウン花火大会ですね。「100万ドルの夜景」と呼ばれる湾に面した高層ビル群の夜景。一週間前のクリスマスイルミネーションの名残か、色とりどりのビルの上に、新年と共に多くの花火が打ち上がります。この花火、九龍半島側からも、対岸の香港島側からもよく見えますが、人気ポイントはけっこう混み合います。

これはすごい! 世界のおすすめカウントダウン アジア・熱帯編 香港とシンガポール これはすごい! 世界のおすすめカウントダウン アジア・熱帯編 香港とシンガポール

すぐ終わる香港の正月。なぜ?

ちなみに中華圏の香港では、「正月」といえば「旧正月」です。なので、この年越しイベントはクリスマスと旧正月という二大ビックイベントに挟まれているので、元日以外はとくに商店が閉まったりするわけではない、ほぼ通常営業の年末年始です。逆に言えば、この時期でも香港は普通に買い物が楽しめますよ。さて、カウントダウン花火に戻りますが、もっともよく見えるのが尖沙咀のスターフェリーから東のプロムナード付近ですが、当然のように大混雑で長時間並ぶのを覚悟しなくてはなりません。楽するなら、花火が見えるホテルに泊まり、そこのラウンジなどを利用するのがいいでしょう。

赤道直下のカウントダウン

香港に続いて、日本でもポピュラーな熱帯アジアのカウントダウンは、シンガポールでしょう。こちらは世界中からの観光客を期待しているのか、花火以外にもさまざまな催しが開かれます。香港と同様、クリスマスも大きなイベントだったので、クリスマスの飾り付けやイルミネーションがそのまま残っていて、町は華やかです。花火の打ち上げ会場はマリーナ・ベイ。ライトアップされた高層ビルと、打ち上がる無数の花火は、南国の空気とあいまって開放感にあふれています。

会場に行かないで、カウントダウンを楽しむ

イベント会場に有料のものと無料のものがあるのが特徴で、ライブコンサートなども開かれています。どちらにせよ遅く行くと入場規制に引っ掛かって、会場に入れなくなるのでご注意下さい。「混雑は嫌だ」という人のために、花火が観られる高層ビルのレストランなども、この夜は深夜営業をしています。また、ホテルでも独自のカウントダウンイベントを催しているので、わざわざ出かけなくとも、泊まるホテルを選べばそこで楽しめます。

やはりここもすぐに“通常営業”に

大晦日の夜は、日本と同様に一晩中、人が町に繰り出します。この夜は終夜営業の施設も多いので、事前にチェックしておきましょう。ユニバーサルスタジオも、この夜は終夜営業です。ただ、お休み気分も元日まで。そう、やはり中華圏なので、お正月といえば一ヵ月後の「旧正月」なんですよね。だから年を越したらあっさり通常営業に戻りますので、観光もショッピングもいつもどおりにできますよ!