2007年建立のゴージャス寺院に、思わず足が止まります!

シンガポールのチャイナタウン中心部にある仏教寺院「新加坡佛牙寺龍華院(BUDDHA TOOTH RELIC TEMPLE AND MUSEUM)へ行ってみました。たまたま通りかかったところ、たくさんの観光客や参拝者が続々と大きな建物に吸い込まれていくのを見て、なんとなくその流れに乗るようにして入場してみたのです。入ってみてすぐわかったことは、「やたらと、お金がかかっている!」2007年にできたという新しいお寺ですが新しいだけでなくて絢爛豪華。しかも調度品がそこはかとなく洗練されています。私は徐々に興味を惹かれ、本腰を入れて見学することにしました。

シンガポールの仏教徒が集う「新加坡仏牙寺龍華院」で、仏歯(!)を見た(前編) シンガポールの仏教徒が集う「新加坡仏牙寺龍華院」で、仏歯(!)を見た(前編)

一見の価値がある、中の「博物館」

堅牢な地上4階建てで屋上庭園もあり、エレベーターも完備しているので、我々日本人がイメージするふつうの“お寺”とはちょっと異なるかもしれません。1階の大ホールに安置されたたくさんの仏像群も圧巻ですが、3階の「仏教博物館」のコレクションはさらにお金がかかっています。中国だけでなくミャンマーやタイやチベットといった各国から来た、古いものから現代にいたるまでの仏像や仏画などを、所狭しと安置しているのでした。「所狭しと安置」というのも妙ですが、本当に宝物がぎゅうぎゅう詰めなのです。うれしいことにここは撮影自由です。これだけたくさんあったら、どの国の仏教美術が自分の好みに合うかも見つけられそうですよね。

そして仏様の「歯」を初めて見た!

さて、このお寺最大の呼び物はなんといっても「仏牙」。日本語でいうと「仏歯」のことです。4階が、ブッダの歯を祀ってあるというホールです。ガラスのケースの中にミャンマーの寺院で発見されたといわれる「仏牙」が収められていました。期待を込めて近づいていって見てみると……「異常に、大きい……」茶色っぽい、形の崩れた長方形のようなそれは、長い箇所で5センチくらいありそうです。明らかに、なにかの動物の骨のかけらに見えました。(後編に続く)