カジノ解禁になり、2つの大型リゾートがオープン

世界各地にあるカジノを紹介するこのシリーズ。今回は東南アジアのシンガポールからです。シンガポールと言えば、タバコやゴミのポイ捨ての罰金など、やたら規則が厳しく、ドラッグに対しての厳罰など、カジノとはまったく逆の真面目なイメージがありますよね。実際、カジノが解禁になったのは2010年とごく最近のこと。オープンしたのは2つのリゾートで、いずれもカジノとホテル、ショッピングモール、エンタテインメント施設が併設された大型の統合型リゾートです。

教えて!世界のカジノ事情【シンガポール編】 カジノ解禁で新たな観光スポットとして注目! 教えて!世界のカジノ事情【シンガポール編】 カジノ解禁で新たな観光スポットとして注目!

「世界最大のカジノ」があるマリーナ・ベイ・サンズ

まずオープンと同時に、シンガポールを代表するホテルになったマリーナ・ベイ・サンズを紹介しましょう。最上階が57階という3つの高層ビルを屋上でつないだ姿はとても印象的で、客室数が2560室というビッグホテルです。ここに付属しているカジノもまさにビッグ。500のゲームテーブルと1600台のスロットマシンがあり、単独としては世界最大のカジノです。シンガポールのカジノはドレスコードがなく、気軽な格好で行けるのが特徴です。ショッピングモールや劇場も併設し、エンタテイメントも充実。しかし日本ではこのリゾートはカジノと言うよりも、屋上の展望台サンズ・スカイパークとインフィニティプールで有名な場所でしょう。

あのコマーシャルで撮影された屋上プール

この屋上プール、SMAPの携帯電話のコマーシャルで一気に有名になりました。「あのTVコマーシャルに出ていたあのプールに行きたい!」という人が増えましたが、このプール、宿泊客しか利用できないのです。シンガポールを見下ろす絶景はまさにここならでは。とくに夜景がきれいと評判です。カジノの話題から離れましたが、マリーナ・ベイ・サンズはこの屋上抜きには語れません。カップル向きでしょうか。そしてもうひとつのカジノは、リゾート地のセントーサ島にあるリゾート・ワールド・セントーサです。こちらも客室数1830室の大型リゾートですが、ここはファミリーが楽しめる要素もあるんですよ。

テーマパークが隣接したリゾート・ワールド・セントーサ

こちらもドレスコードはなく気軽に入れるカジノで、500のゲームテーブルでブラックジャックやポーカー、バカラが楽しめるほか、スロットマシンも1000台以上もあります。ここも入口でパスポートチェックがあるので、忘れずに。荷物はコインロッカーに預けるので、コインが必要です。あとは、カジノ以外にもユニバーサルスタジオや、世界最大級の水族館シーアクアリウムなどのテーマパークがあり、家族も十分楽しめる場所というのがポイントでしょうね。カジノは24時間営業なので、家族とテーマパークでたっぷり遊んだ後、お父さんだけ抜け出して…、ということもできるかもしれません(笑)