インドネシア領ながら、シンガポールが観光開発したビンタン島

シンガポールから1時間足らずで到着するリゾートアイランド、ビンタン島。シティ&ビーチリゾートを両方満喫したいあなたなら、行く価値大の島です。先日、私もシンガポールとビンタン島を旅行してきました。旅行者がビンタン島へ渡るには、シンガポールの「タナ・メラ・フェリーターミナル」から高速船を利用するのが一般的です。今回は、この高速船「ビンタン・リゾートフェリー」をピックアップ! 2種類のグレードがある、高速船の座席について解説します。

シンガポールの東端、タナ・メラ・フェリーターミナル シンガポールの東端、タナ・メラ・フェリーターミナル

エコノミー料金+差額分=エメラルドクラスの料金

座席について、「予約なしでも乗れた」という口コミも見ますが、満席になることもあるので、できれば予約をおすすめします。高速船の会社は「ビンタン・リゾートフェリー」社です(https://www.brf.com.sg/ 英文サイト)。ここで悩むのが、座席のクラス。「エコノミー」と「エメラルド」というふたつの選択肢があります。「エメラルド」クラスは、飛行機でいうならビジネスクラスのようなものです。差額は、往復で大人44シンガポールドル(約3500円)。運賃は曜日の組み合わせによって変わり、エコノミーで58ドル(約4700円)から70ドル(約5600円)です。エメラルドクラスはこの基本運賃に差額分の44ドルを上乗せするということですね。

乗船時間は45〜55分程度です 乗船時間は45〜55分程度です

専用ラウンジとカートはエメラルドクラスの特権

エメラルドクラスの利点はなんでしょうか? まず、シンガポールのタナ・メラ・フェリーターミナルとビンタン島リゾート・フェリーターミナルの両方で、専用ラウンジを使えることです。両フェリーターミナルには軽食をとれるカフェや売店などもありますが、ラウンジに入ればフリーWi-Fiが取れるし、コーヒーやジュースなどのドリンクとビスケットもフリーです。また、このラウンジから出て高速船に乗るまで、桟橋を3分程度歩くのですが、エメラルドクラスはカートに乗って船着場まで移動できます。まあ歩いてもたった3分なので、とくに必要はないサービスのような気もしますが、桟橋を意外と飛ばしてビューンと走るカートはなかなか楽しいですよ。(後編に続く)

「エメラルドクラスのお客様ー! カートが出発しますよー!」 「エメラルドクラスのお客様ー! カートが出発しますよー!」