page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2017/02/04

世界遺産 城砦都市ゴール【前編】〜海辺を散策〜

スリランカは面積が北海道ほどの大きさの小さな島国です。 しかし驚くべきことに、ユネスコに登録されている遺産が全部で8つも存在する、知る人ぞ知る 「世界遺産大国」なんです! 8つの世界遺産の中でも、ゴールにある城壁群は近年完成した高速道路のお陰で、最大都市であるコロンボからのアクセスも非常によく、多くの観光客や外国人が訪れる素晴らしい場所です。 今回はそのゴールの城壁がある海岸沿いを散策した際の様子をご紹介します。 (※予告)次回はゴールの穴場スポット、絶品グルメを味わえる場所をご紹介いたします。【後編】

カテゴリ:スポット エリア:アジア  スリランカ  ゴール キーワード: 世界遺産 遺跡 ビーチ

世界遺産を散策!海からの潮風が心地よい、ゴール城壁群

世界遺産を散策!海からの潮風が心地よい、ゴール城壁群

スリランカの都市を数多く訪ね歩いてきた私ですが、ここゴールは特にお気に入りの街です。

訪れるたびに街の印象が違い、好奇心旺盛の私を飽きさせることが全くありません。

特に海岸沿いは、かつてスリランカを植民地支配していた欧米列強が当時の最先端の技術を駆使して構築した城砦が今でも美しく残っており、城砦の赤茶色とインド洋の青色とのコントラストが非常に鮮やかです。

朝は優しい太陽の光が顔を見せ、夕方は空全体が真っ赤に染まり、訪れる時間帯によってその表情が全く異なります。

ゴールの街を見守る真っ白な灯台

ゴールの街を見守る真っ白な灯台

城壁に沿って海岸をずっと歩いて行くと、間もなく真っ白な灯台が見えてきます。

灯台の周りには地元の子供たちが集まり、海で海水浴を楽しんだり、石ころを積み上げて遊ぶ姿が。

世界遺産の中で垣間見られる日常の光景がとても穏やかです。

周辺にはちらほらとお土産屋さんも見られますが、やはり世界遺産内とあってお値段はかなり高め。

観光客への対応も慣れているので、何か購入する場合は値段を確かめてから納得したうえで買うことをお勧めします。

新鮮な果物をちょっとつまみながらの散策はいかが?

新鮮な果物をちょっとつまみながらの散策はいかが?

ゴールの城壁沿いには地元の人が開く小さな露天がところどころ見られます。

今回私が散策中に出会ったゴール在住のおじさん(写真上)は新鮮なフルーツを浜辺で切り売りしていました。

そんなに観光ずれしているわけでもなく、お値段も果物人パック100円程度とお手頃。

慣れた手つきで綺麗にマンゴーの皮をむいて、差し出してくれました。

お勧めの観光名所を訪ねると、丁寧に教えてくれるとっても気さくな方でした。

こんな現地の人との出会いが、ゴール散策の魅力です。

皆さんも是非一度、世界遺産・ゴールを訪れてみてください。




次回は「世界遺産 城砦都市ゴール【前編】」をお送りします。

◇◇ ゴールへのアクセス ◇◇

◇◇ ゴールへのアクセス ◇◇

コロンボのフォートからゴールまでの鉄道が出ています。

海沿いを走るため、景色は良いですが、時間がかかります。

お勧めなのは近年開通した高速道路を利用することです。

もしくはご自身で車をチャーターするか、高速バスを利用すれば、

およそ2時間でゴールに到着します。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/02/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索