スリランカの「ライス&カリー」って「カレーライス」と同じ?

インド亜大陸の東南岸に浮かぶ島国スリランカ。インド料理に比べると、日本ではスリランカ料理を食べられるレストランは多くありません。そのため、スリランカの人がどんな料理を食べているのかイメージしにくいのではないでしょうか? 一般的にスリランカの料理は「ライス&カリー」と説明されます。けれども、スリランカのカリーは、もちろん日本のとろみのある「カレーライス」とは違います。様々な種類のものがありますが「多種多様な具材をスパイスやハーブを効かせて調理した煮込み料理」と理解すると良いかもしれません。

スリランカ・グルメガイド!(前編) 「ライス&カリー」ってどんなもの? スリランカ・グルメガイド!(前編) 「ライス&カリー」ってどんなもの?

いくつものカリーを手で混ぜて食べるのスリランカ・スタイル!

島国スリランカだけあって具材には魚が多いですが、鶏肉、エビ、イカなども使われます。野菜もなすやジャガイモ、ニンジン、おくら、瓜など多種多様。 街の大衆食堂では、ガラスの陳列ケースに、ごはんとカリーが入ったトレイが何種類か置いてあり、その中から好きなカリーをご飯に少しずつ盛ります。スリランカの人々は手で、各種カリーをご飯と混ぜ合わせながら食べます。せっかくの機会なので、手を洗って「手食」に挑戦してみては、いかがでしょうか? 味覚や嗅覚だけでなくて、指先の「触覚」までも駆使して食べると、また違った体験になりますよ。

スリランカにもある、「かつお節」!

スリランカ料理に欠かせないのがモルディブ・フィッシュ(日本名:ハガツオ)と呼ばれる魚の燻製。削るのではなく、袋に入れて叩き割り、その破片を料理に使います。このモルディブ・フィッシュを使った料理で、おすすめなのが「ポル・サンバル」。一見すると「鮭フレーク」のようです。ココナッツ・フレーク、玉ねぎ、赤唐辛子、塩、ライム汁などをモルディブ・フィッシュと一緒に和えたもの。味もダシが効いていて、ご飯との相性も抜群。「スリランカのふりかけ」と評する人もいて、病み付きになる人続出の美味しさです!

スリランカならではのハーブを使った料理は?

「ゴトゥコラ・サンボル」という料理が何といっても、おすすめ。カリーと言うよりは和え物のようなもので、スリランカ料理の中でも辛くない稀有な存在。伝統医学のアーユルヴェーダでも重要なものとされ、記憶強化や若返りに効果があるといわれています。ミツバのような清涼感に若干の苦味が加わったような味なので、辛いカリーの箸休めとしても最適。キャンダと呼ばれるスリランカのお粥にもよく使われているのも、日本の「七草粥」みたいで興味深いですね。ゴトゥコラを使った「ゴトゥコラ・ティー」も食料品店や雑貨屋などに売っているので、友人へのお土産にいかがでしょうか?