page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スリランカ・キャンディ・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

平和が訪れたスリランカ。新しい魅力がプラスされ、再注目!


掲載日:2009/06/15 テーマ:ビーチ 行き先: スリランカ / キャンディ

タグ: スパ ビーチ 動物 美しい


安心して旅できる平和なスリランカに!

素朴さが残るスリランカのビーチ。サーファーにはお馴染みで、7〜9月頃は東部のアルガン・ベイが旬 素朴さが残るスリランカのビーチ。サーファーにはお馴染みで、7〜9月頃は東部のアルガン・ベイが旬

モルディブの北、涙の形をしたスリランカ。“光輝く島”という意味のこの国に5月17日、歴史的な動きがありました。スリランカ政府が反政府武装勢力の残存勢力を一掃し、25年あまり続いた内戦がついに終結。反政府武装勢力は敗北を認め、ラジャパクサ大統領も勝利宣言を行いました。もちろん、これまでもスリランカ南部のリゾートへ旅するには支障はなかったのですが、これで国全土に平和が訪れたのです! これからさらに観光へ力を注ぐスリランカに再注目です!

象サファリにアーユルヴェーダ、魅力満載!

万物はヴァータ、ピッタ、カパの3種類のエネルギーのバランスによって成り立っているという思想のアーユルヴェーダ 万物はヴァータ、ピッタ、カパの3種類のエネルギーのバランスによって成り立っているという思想のアーユルヴェーダ

スリランカの魅力はたくさん! 女性にとってはアーユルヴェーダが気になるのでは? お手軽な施術としてはシロダーラ。おでこのチャクラにオイルをタラタラと流し続け、心地よさに秒殺で眠ってしまうはずです。ほかにも数日間かけて、体質を改善するリトリートを行っているリゾートも。また、スリランカにはシギリアロックなどの8つの世界遺産や象と出会うサファリ、セイロンティー、雑貨などのショッピング、サーフィン、キャンディ・エサラ・ペラヘラなどのイベントも!

デザインホテルやテーマホテル、ステイ充実

今をときめく多くの建築家に影響を与えたというジェフリー・バワ。こちらはヘリタンス・カンダラマの廊下 今をときめく多くの建築家に影響を与えたというジェフリー・バワ。こちらはヘリタンス・カンダラマの廊下

スリランカには個性的なステイを楽しめるホテルもいろいろ。たとえば、世界遺産ゴールとオンザビーチにある2つのアマンリゾーツ。そして、世界的な建築家の故ジェフリー・バワ氏の手によるヘリタンス・カンダラマやジェットウィング・ライトハウス、ザ・ブルー・ウォーターなど、計算された美に陶酔できるデザインホテルに滞在するのもステキ。そして、紅茶にまつわるユニークな体験ができるセイロン・ティー・トレイルなどのテーマホテルもあります。

二種類のクジラがウォッチングできる!

ホエールウォッチングの新スポットとして注目を集めているスリランカ。二種類のクジラが見られるのだそう! ホエールウォッチングの新スポットとして注目を集めているスリランカ。二種類のクジラが見られるのだそう!

そして新たなる魅力で特に興味がひかれたのが、ホエール&ドルフィン・ウォッチング! なんとシロナガスクジラとマッコウクジラの両方が見られる、世界でも貴重な場所だそう。国内の3カ所でウォッチングができるそうです。ほかにも、スリランカではこれからのプロジェクトは目白押し。日本の援助により建設されるシーギリヤ新博物館、東部地域のビーチエリアの開発、そしてビジターセンターやリゾートを計画中のカルピティヤ観光開発プロジェクトなどなど。楽しみですね!

【関連情報】

象サファリやピンンアワラの象の孤児院など、スリランカでは象が身近な存在 象サファリやピンンアワラの象の孤児院など、スリランカでは象が身近な存在

■アマンリゾーツ
http://www.amanresorts.com/
■ヘリタンス・カンダラマ
http://www.heritancehotels.com/
■ジェットウィング・ライトハウス
http://www.slh.com/sri_lanka/dadella/dadlig.html
■ザ・ブルーウォーター
http://www.bluewatersrilanka.com/

取材協力/スリランカ航空、スリランカ政府観光局
http://www.srilankan.co.jp/
http://www.srilankatourism.org/index.php

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索