岩山の上に築かれた5世紀の都の跡

インド洋に浮かぶ島国スリランカ。わずか北海道の8割ほどの面積に、全部で8つの世界遺産があるという、見どころいっぱいの国です。近年ではアーユルヴェーダの本場として、リゾートホテルでトリートメントを受けながら長期滞在する旅行者も増えています。また、建築好きには、ジェフリー・バワがデザインしたリゾートホテルも人気ですよね。さて今回はそんなスリランカの絶景、世界遺産の「シギリヤロック」をご紹介します。これはスリランカ中部の「文化三角地帯」にある巨岩の頂に築かれた宮殿遺跡。忽然とそびえるこの南北約400m、高さ約180mの岩山に、都が築かれたのは5世紀のこと。しかし、その都もわずか20年で陥落してしまいます。ここでは、「シギリヤレディ」と呼ばれる美女たちの壁画が必見です。

シギリヤロック シギリヤロック

手頃なツアーを利用してシギリヤロックへ

このシギリヤロックに行く一番簡単な方法は、スリランカを周遊する観光ツアーに加わることです。スリランカへのツアーは4日間からありますが、一般的なものは5〜7日間。食事や観光がつかないフリープランなら、ツアー代金は10万円前後。食事や観光がついたものなら20万円台前半からあります。海外からの到着空港は最大都市であるコロンボの北35kmにあるバンダラナーヤカ国際空港です。ここからシギリヤロックのあるシギリヤまでは、国内線(1日2便、所要約30分)か陸路で行くことになります。観光付きのツアーの場合は専用車で行くので問題ありませんが、フリープランや航空券のみの場合は自力で移動することになります。

多くの人が訪れる 多くの人が訪れる

フリープランでは自力で

スリランカ到着後、すぐにシギリヤロックに向かうなら、バンダラナーヤカ空港からタクシー、またはホテルが手配した車で向かうことになります。所要約4時間半。料金はUS$70〜150ぐらいでしょうか(車のグレードによる)。安くすます場合はコロンボの町まで出て(所要約1時間)、そこからバスで向かう方法もあります。ただし時間はかなりかかる上に、バスも道も快適ではないので、これは旅慣れた人向けの方法ですね。シギリヤロック周辺に点在しているリゾートホテルへは、空港まで出迎えを頼むかタクシーで。バワがデザインしたリゾートホテル、ヘリタンス・カンダラマもおすすめです。

シギリヤレディは必見 シギリヤレディは必見

ビザの取得とベストシーズン

スリランカ入国にはETA(電子ビザ)が必要です。ETAはインターネットで申請できます。支払いはクレジットカードでのみで、30日間滞在の短期ビザ(2回まで入国可)がUS$35となっています。問題がなければビザのメールが来るので、プリントアウトして持って行きましよう。パスポートの有効残存期間は6か月必要です。または到着時に空港のカウンターでもビザの取得ができますが、その場合はUS$5高くなります(US$40)。詳しくはこちらwww.eta.gov.lk/slvisa/visainfo/apply.jspを参照してくだい。また、旅行会社にETA取得を頼むこともできます。岩山はふもとから頂上までは40分ほどの道のり。滑りやすいので履きなれたスニーカーなどで行くといいでしょう。またサルやハチが出没するので注意。一年中暑い熱帯気候ですが、旅のベストシーズンは雨が少ない12〜3月、または6〜9月と言われてます。