page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

日帰りもOK! スリランカで本場のアーユルヴェーダが体験できるリゾート (その4)


掲載日:2017/10/05 テーマ:ビューティー 行き先: スリランカ / ワドゥワ

タグ: キレイ ビーチ マッサージ リゾート 健康にいい 素晴らしい 美しい 癒し


コロンボからワッドゥワへの行き方

「スリランカで本場のアーユルヴェーダ体験(その3)」からの続きです。最後に、「シッダレパ アーユルヴェーダ ヘルス リゾート」まで専用車や送迎を依頼しない場合の行き方をご紹介したいと思います。リゾートのある「ワッドゥワ(Wadduwa)」は、コロンボ市内から南へ40km弱、車で約1時間、国際空港からならば約80km、2時間の距離です。コロンボから比較的近いので、バスや鉄道でも簡単に訪れることができますよ。バスの場合、街の中心であるコロンボ・フォート駅近くのバスターミナルから出発します。その場合、南部の「ゴール(Galle)」や「マターラ(Matara)」行きのバスに乗り、ワッドゥワで途中下車になります。バスの種類は2種類、エアコンなしの大きな車体のバスと、インターシティと呼ばれるマイクロバスがあり、後者にはACが付いています。バスは頻繁に出ているので時間を気にせず出発できますよ。

おすすめは列車の旅

黄金海岸(ゴールデン・ビーチ)を直走るスリランカ列車を体験 黄金海岸(ゴールデン・ビーチ)を直走るスリランカ列車を体験

スリランカの南西海岸は、「黄金海岸(ゴールデン・ビーチ)」と称されるビーチが百数十キロにわたって続くエリアです。コロンボを出発する南部行きの列車は、この黄金海岸に沿ってひたすら南下する絶景ルートを走ります。コロンボ・フォート駅からワッドゥワまでの所要時間は、1時間から1時間30分ほど(列車はよく遅れます)。列車の旅を体験するには、ちょうどいい距離です。ワッドゥワは小さな町なので停車する列車が少なく、2等席のあるエクスプレスは朝6時55分発と早めです。その他、3等のみのコミューター列車が午前中に3本出ています。列車のスケジュールは、スリランカ・レイルウェイズのWEBサイト(http://www.railway.gov.lk/web/)で簡単に調べることができます。スリランカは列車の本数が少ないので、事前に調べておく方がいいでしょう。ワッドゥワの駅から、リゾートは約3km。「スリーウィーラー」と呼ばれる現地の乗り物で目指しまょう。また、世界遺産の旧市街があるゴールや、ビーチとサーフィンで有名なヒッカドゥワなど、海岸沿いの町と組み合わせるなら、ワッドゥワからはバスの方が便利です。

アーユルヴェーダ関連のアメニティもうれしい

無料で飲めるハーバルティ・カフェ 無料で飲めるハーバルティ・カフェ

個人的にちょっといいホテルやリゾートに泊まる時、朝食とアメニティをひそかに楽しみにしているのですが、ここのリゾートのアメニティはもちろんアーユルヴェーダ製品です。シャンプーや石鹸、歯磨き粉に備え付けのハーブティーまで、すべてシッダレパのオリジナルで、自社工場で作られたオーガニック製品なんです。受付前にはシッダレパ社製品のアウトレットショップもあり、スリランカのお土産としてもピッタリです。なによりもうれしいのは、チェックアウト時に宿泊者へのギフトとして、人気のバームのミニサイズも入った「シッダレパ製品の詰め合わせセット」が用意されているという、素敵なホスピタリティです。帰国後もアーユルベーダ生活を継続させよう! というモチベーションにもなりますね。

ホテル情報

以上、日帰りの体験プランもある「シッダレパ アーユルヴェーダ ヘルス リゾート」をご紹介してきました。スリランカは、世界遺産もたくさんあり、見どころが多い国ですが、アーユルヴェーダも誇るべきスリランカの文化です。「デトックスツアー」、とってもおすすめです!
●シッダレパ アーユルヴェーダ ヘルス リゾート Siddhalepa Ayurveda Health Resort
住所:861, Samanthara Road, Pothupitiya, Wadduwa, Sri Lanka
電話:+94-38-2296967
ホームページ: www.siddhaleparesort.com
*こちらのホテルのマーケティングマネージャーであるウシャン (Ushan) さんは、日本語がペラペラ。滞在中のコミュニケーションは基本的に英語ですが、いざというときに心強いです。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/10/05)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索