タジキスタン旅行・タジキスタン観光徹底ガイド

タジキスタン旅行・タジキスタン観光徹底ガイド


タジキスタン旅行・観光の見どころ・観光情報

国土の半分以上を標高3000m以上の高地が占めているタジキスタンは、高原の国だ。首都は西部にあるドゥシャンベだが、観光名所は少なく博物館ぐらいしかない。しかし、ここには世界遺産の「サラズム遺跡」から出土した、2m近い身長のサラズムの王妃と呼ばれる女性の墓が展示されている。有名な観光地は、ウズベキスタン国境に近いペンジケント遺跡。4〜8世紀にシルクロードの交易を独占していたソグド人の文化を伝える遺跡だ。周辺には、紀元前4000〜3000年の集落跡と言われるサラズム遺跡もある。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


タジキスタン旅行・観光の選び方

タジキスタンを訪れるツアーは、ウズベキスタンとの2か国周遊型ツアーが基本! 

タジキスタンを訪れるツアーは、中央アジア周遊型ツアーの中では、少なめ。首都ドゥシャンベや第2の都市ホジェンドは、お隣の国ウズベキスタンとの国境に近いところにある。そのためツアーは、ウズベキスタンとの2か国周遊型ツアーが占めている。ツアー期間は9日間が中心。タジキスタン側は、ホジェンド、2500年の歴史があるイスタフラシャン、古代ソグド人の都市遺跡ムグ・テパ、世界遺産のサラズム、古代ソグディアナの都址ペンジケントなどを観光する。周遊型ツアーは、基本的に食事付きなので、中央アジアらしい羊や麺料理を楽しめる。バザールも訪れるので、お土産はバザールで買うのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)


タジキスタン観光のこだわりポイント

2つある世界遺産世界遺産
自然遺産の「パミール高原のタジキスタン国立公園」は行きにくいが、ペンジケントの「サラズム遺跡」は、ツアーで行くことが多い。
ガイドが見どころを案内終日観光付き
歴史や風土に特色があるところなので観光付きのツアーがいい。日本語の説明も聞け、現地の文化や習慣に対する理解がぐっと深まる。
古代の遺跡を訪れる遺跡
ウズベキスタンのサマルカンドから60kmのソグド人の都市遺跡「ペンジケント」、世界遺産で紀元前の集落跡「サラズム遺跡」を訪れるツアーが多い。
中央アジアの高原地域大自然
タジキスタン東部は“世界の屋根”パミール高原。西部は砂漠に囲まれたオアシス都市と、ツアーではダイナミックな景観が楽しめる。
タジキスタンの伝統料理を全食事付き
食事込みのツアーでは、現地の伝統料理を食べるのが楽しみ。細切りにした肉や野菜を一緒に炊いた米料理「プロフ」は、日本人の口にも合う。

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


タジキスタン旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、タジキスタン観光情報が満載。
タジキスタン旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。