page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・墾丁(ケンティン)・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

台湾南部の可愛い城壁の街「恒春」を訪ねて


知られざる穴場スポット「恒春」

カラフルな風車がくるくると回る恒春の街並み カラフルな風車がくるくると回る恒春の街並み

美しい海岸線やビーチに珊瑚礁が隆起してできた山など、大自然が広がる台湾屈指のリゾート地として人気の墾丁。高雄から車で約2時間の台湾最南端にある墾丁は、恒春鎮の南部にある墾丁国家公園エリアを主に指します。そのため墾丁というと、どうしてもマリンスポーツやビーチのイメージが強いですが、実は恒春の市街地は墾丁国家公園よりも少し北部にあり、清朝末期に建てられた古城や城壁などが歴史的風致が残る街。至る所にカラフルな風車が回っており、新旧が入り混じった街並みは、ノスタルジックな雰囲気が漂っています。そんな街には、スタイリッシュなリノベーションカフェや南国風の民宿などお洒落スポットが点在しています。
台湾南部の隠れた穴場スポット「恒春」の街を散策してみましょう。

昔ながらの台湾かき氷「柯記緑豆饌」

「柯記緑豆饌」のかき氷 「柯記緑豆饌」のかき氷

亜熱帯気候の恒春で見逃せない台湾スイーツと言えば、恒春名物「緑豆饌」。街中には「緑豆饌」の看板を掲げたお店がいくつかあります。中でも人気があるのが、中山老街の入口にある「柯記緑豆饌」。パスタやオムライスも食べられるお店ですが、看板メニューの「緑豆饌」を頼むと、まず小豆やピーナッツなどの豆系や粉條、Q圓と呼ばれるモチモチした具などから好みのトッピングを自分で選びます。その上に氷と黒糖シロップをかけて運ばれてくるので、よく混ぜていただきましょう。通常の台湾かき氷とは違い、トロトロの粘気のある緑豆が中に入っています。
恒春へ来たら、昔ながらの台湾かき氷「緑豆饌」をぜひ味わってみてください。

恒春限定「Step Up」でオリジナルビーチサンダルを作ろう!

「Step Up」の店内様子 「Step Up」の店内様子

墾丁と言えば、やっぱり海!近くには、水着やマリンアイテムが並ぶお店が沢山あります。その中でも一際目をひくのが、恒春古城西門近くにあるビーチサンダル専門店「Step Up」。こちらでは、自分の好きな色でビーチサンダルを自由にカスタマイズできるお店です。しかも、その場で自分で鼻緒の部分を取り付けられます。
まずは、豊富なカラーバリエーションの中から自分のサイズの底部分と、鼻緒部分を選びます。一足350元とリーズナブルなサンダルは、左右違う色にしてもOK!また、鼻緒は太めと細め2種類から選べ、更に鼻緒にラインストーンを付けるとプラス50元(2個)となります。
恒春を訪れたら、ぜひ「Step Up」でマイビーチサンダルを作ってみてください。

恒春古城と城壁

西門と城壁の様子 西門と城壁の様子

清朝末期1879年に建てられ恒春古城は、海上防御を強化するために、城壁と東西南北の四つの城門、城門の上に砲台、城壁の外に溝を建設し、欽差大臣沈葆木貞を派遣して台湾を治めさせました。台湾で最も当時の状態が残る遺跡都市と言われ、1985年には二級古跡として指定されました。
南国らしい青空の下、恒春古城を中心とした四方の城門巡りは、最高の散策コース。また、西門傍にある廣寧宮も南国らしい鮮やかなお寺で見逃せません。一日もあれば周れる恒春の街。城門巡りも兼ねて恒春街歩きを楽しんでみてください。
※欽差大臣沈葆木貞の「木貞」は中国語では一文字です。

基本情報

西門傍にある廣寧宮 西門傍にある廣寧宮

<恒春へのアクセス>
高雄から恒春・墾丁まで9188のバスで向かいます。6時〜22時台まで、1時間に2本のペースでバスが出ています。高雄〜恒春まで300元です。

■柯記緑豆饌
住所:946 台湾福徳路69號
電話:+886−8−888−1585

■Step Up恆春店 http://www.stepup.com.tw/contact.html
住所:屏東縣恆春鎮中山路190號
電話:0921-339-975

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索