台湾農林の【お洒落すぎるお茶工場〜大渓老茶廠】へ台北からショートトリップ!

台湾・大渓(ダーシー)・世界のカフェの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

台湾農林の【お洒落すぎるお茶工場〜大渓老茶廠】へ台北からショートトリップ!

掲載日:2017/01/04 テーマ:世界のカフェ 行き先: 台湾 / 大渓(ダーシー) ライター:中園 まりえ

タグ: おいしい お茶 カフェ ショッピング 一度は行きたい 女子旅におすすめの行き先 美しい 癒し



ABガイド:中園 まりえ

【台湾のABガイド】 中園 まりえ
全ガイドを見る
台湾(台北市)在住。旅行誌のコーディネーター・WEBライターとして日台の架け橋となるべく奮闘中!夜市・小籠包だけではない常に進化し続ける台湾のグルメ・観光地・文化を現地からホットにお届けします。

販売スペース内:お茶の缶の陳列棚 販売スペース内:お茶の缶の陳列棚

日東紅茶のルーツが潜む【大渓老茶廠】の歴史

2010年にオープンした【大渓老茶廠】は、古い建物がスタイリッシュにリノベーションされた建物。そこには、日本に深く関わる歴史がありました。
1899年日本統治時代、三井合名会社が大渓に茶畑を開拓。1926年に作られた角板山工場がここ【大渓老茶廠】前身です。
初期は烏龍茶と包種茶を生産しますが、海外からの需要に応え、「合名茶」という紅茶を最盛期には年間約600トンも作るようになります。それが日本で最も歴史ある紅茶ブランド【日東紅茶】の始まりともなります。
1945年日本統治が終わると同時に三井合名会社が撤退し、代わりに政府直轄の台湾茶業公司、その後、民営化された台湾農林によって生産が続けられます。しかし1956年に火災が発生。その後、再建したものの、世界情勢も変わり、生産量は減少。1995年に製造を停止しました。

 

2F工場内の様子 2F工場内の様子

台日英式のお茶工場見学へ

工場見学は基本的に自由参観ですが、団体客や人数が集まれば工場内をガイドが付いて説明してくれます。順路としては、紹介ビデオ鑑賞→2F→1Fとなります。
ビデオ鑑賞は1日3回あるので、時間帯を確認して工場見学をすると良いかもしれません。2Fは室内萎凋エリア。イギリス式の木を組んだ高い天井、日式の90°開閉可能な窓、台湾式のモルタル床。この3つを組み合わせたことにより、空気の循環を良くし、新鮮な茶葉の水分を飛ばす作業を効率良くここで行っていたそうです。
1Fでは、揉捻機や茶葉切断機など昔、工場で使用されていた古い機械が展示されています。

 

カフェ店内 カフェ店内

洗練されたカフェでゆっくり時を過ごす

【大渓老茶廠】を訪れた醍醐味とも言えるこちらのカフェ。シンプルな店内ですが、季節の花などがさりげなく活けてあったり、柔らかい照明によって、無機質な中にもどこか温かみのある雰囲気が印象的です。個人的に、何度でも訪れたい場所のひとつです。
こちらでは、本格的な茶芸から紅茶、コーヒー、お茶菓子、軽食までいただくことができます。台湾茶というと烏龍茶のイメージが強いとは思いますが、台湾の紅茶は世界的にも高い評価を得ているものも多くあります。台湾産の東方美人も日本では烏龍茶としての認識が強いですが、発酵度が高くむしろ紅茶です。ここのメニューにある紅玉紅茶は、独特なコニャックの様な香りが特徴の美味しい紅茶です。
日東紅茶のふるさとである【大渓老茶廠】へお越しの際は、台湾紅茶もぜひ試してみて下さい。

 

販売スペース店内 販売スペース店内

日本人好みのお土産が見つかるはず♪

【大渓老茶廠】を入ってすぐの販売スペースもやはりスタイリッシュで、思わずカメラを向けたくなります。台湾の昔ながらのお茶屋というイメージを壊すべく、パッケージひとつひとつこだわって作られた事がよく分かります。
パッケージだけでなく、中身の品質はもちろん保証済み!店内では、大渓産の有機紅茶の試飲もできます。茶葉だけでなく、こだわりのお茶受け・茶器などお茶関連のお土産はここで全て揃います。他ではなかなか手に入らないデザインの茶器もあるので、わざわざ足を運ぶ価値はあります。日東紅茶のふるさとだけに、紅茶系の品揃えが豊富なのも嬉しい限り。台湾農林公司のお徳用ティーバッグなどはバラマキ用にも良さそうですね。

 

カフェ店内中央の池 カフェ店内中央の池

【関連情報】

■大渓老茶廠

URL:http://www.daxitea.com/tw/
住所:桃園市大溪區新峰里1鄰復興路二段732巷80號
電話:03-3825089
営業時間:月〜金10:00〜17:00(土日祝〜17:30)
紹介ビデオ上映時間:AM11:00/PM13:00/PM15:00
アクセス:台鉄に乗り桃園駅へ。徒歩圏内の桃園客運桃園バスターミナルより台湾好行バス小烏来線に乗車。大渓老茶廠バス停下車。もしくは桃園客運大渓バスターミナルより、5090番5091番復興行き、水流東バス停下車。
※台湾好行バスは、1時間に1本。土日のみ運行。
※バスに乗ってから1時間ほど。台北からタクシー貸切ることもオススメです。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/01/04)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事