page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・礁渓・大自然の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界の美しい小道28選に選ばれた宜蘭【太平山・見晴懐古歩道】を歩こう!


日本人観光客が知らない台湾の山の魅力とは?

見晴懐古歩道の苔の生えた線路 見晴懐古歩道の苔の生えた線路

日本人観光客から見た台湾のイメージは、夜市・小籠包・フルーツ・海など南国ならではのイメージが強いと思います。しかし台湾国内を旅すればするほど、山にこそ台湾の魅力ありという事がわかります。それもそのはず、台湾全土の半分以上が山脈に覆われており、台湾の山岳部を訪れると、その緑の深さ・壮大さに心奪われます。またそれぞれの山岳地域に住む原住民文化も垣間見ることができます。
その山脈の一部でもあり、台北から比較的近い宜蘭【太平山国家森林遊楽区】の中に、今回私が訪れた【見晴懐古歩道】のトレッキングコースがあります。
【太平山国家森林遊楽区】内はとても広く、数多くの登山ルートやトロッコ列車、日本統治時代に命名された鳩之澤温泉、また霧深い高山ならではの気候と優水質を利用して栽培されている茶畑もあります。

日本と所縁のあるノスタルジックな歩道を堪能しよう!

軌道が浮いた状態の鉄路 軌道が浮いた状態の鉄路

【見晴懐古歩道】の入口に【昔日山地運材軌道】と書かれた石碑が立っています。この石碑にこそ、この歩道が美しいとされる理由が隠れているのです。実は、日本統治時代に太平山の木々を伐採した際、木材積み出し専用線として作られた鉄路が残っており、古い線路に沿ってトレッキングコースつまり【見晴懐古歩道】となったのです。
朽ち果てた線路が苔生した姿で残っていて、歴史を肌で感じずにはいられません。ノスタルジックな歩道内には鉄路だけでなく、鉄道に用いられる古い分岐器なども残されているので、鉄道マニアにも堪らないスポットです。

最後まで魅了させられる【最高のトレッキングコース】

【見晴懐古歩道】にある吊り橋 【見晴懐古歩道】にある吊り橋

線路上に苔が生えた様や、下の基地が無い軌道が浮いた状態になっているところは、カメラが片時も手離せないほど美しい景色の連続です。そのため【見晴懐古歩道】を歩いていると、趣きある目の前の鉄路にばかり目が行きがちですが、たまに右手に垣間見れる雪山と大霸尖山の絶景もこのコースの見所でもあります。また歩道の折り返し地点にある二本の細い吊り橋は、どんな大人であっても童心にかえれるはずです。往復2キロほどのトレッキングコースなので、お子さんと一緒でもゆっくり楽しんで歩ききれると思います。

太平山へ行く方におすすめ【微丹民宿】

【微丹民宿】正面の様子 【微丹民宿】正面の様子

太平山へ行くにはツアーで日帰りも出来ますが、ゆっくり散策したい方は1〜2泊するのが良いかもしれません。【太平山国家森林遊楽区】内に唯一ある宿泊施設「太平山荘」は予約が非常に取りにくいので、今回は遊楽区外の素敵な山荘【微丹民宿】をご紹介したいと思います。
【太平山国家森林遊楽区】入口まで車で1時間ほどの所に静かに佇むシックなコテージ。建物、そして内装、家具、庭園に至るまでオーナーのこだわりが見られます。キッチンも付いており、夜は自炊も可能。到着日にはウェルカムドリンクとおやつ、そして翌日にはしっかりとした朝食が付いています。一家族用の一棟貸切もあるので、子連れでも安心です。

【関連情報】

鉄路越しに見える雪山と大霸尖山の絶景 鉄路越しに見える雪山と大霸尖山の絶景

■太平山〜見晴懐古歩道 http://recreation.forest.gov.tw/RWD/RA.aspx?ra_id=0100001
住所:宜蘭県大同郷太平山宜専一線
電話番号:(03)980-98065(ツーリストセンター)
営業時間:(平日)6:00-20:00 (休日)4:00-20:00 (夏休み)3:30-20:00
太平山入園料:一般200元、学生・7-12歳150元
アクセス:鉄道で「宜蘭駅」または「羅東駅」下車。太平山行きの国光客運バスに乗り換え「太平山バス停」下車。(但し休日運行)
※台北からツアーもあり

■微丹民宿 http://www.weidan.tw
住所:宜蘭縣大同郷松羅村玉蘭10-9號
電話:0978-855537
値段:(二人部屋)平日2800/休日3800 (四人部屋)平日4800/休日5800 (六人部屋)平日6800/休日7800 (1棟四人部屋)平日6800/假日7800
※全部で上記4部屋しか有りません。貸切の場合、値段が少し変わります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/03/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索