page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

海外旅行台湾編! 地図で見るよりめっちゃ近い! 台北から礁渓温泉に行ってみよう!


掲載日:2016/11/23 テーマ:観光地・名所 行き先: 台湾 / 礁渓

タグ: ひとり旅 一度は行きたい 穴場 健康にいい 珍しい 癒し


かなり遠い礁渓温泉

地図を見ると、めっちゃ遠くない? 台北から日帰りで行ける温泉と言えば、新北投と烏来が有名です。どちらも自然の中にある公共の露天温泉があり、できれば台北に行くたびに行きたいぐらいです。特に新北投温泉は、MRT(モノレール)で行って、帰りは士林夜市に寄って帰って来ることもできます。台北に近いって、ポイントが高いです。今、私が行きたいのは、台北の南西にある礁渓温泉です。地図では、台北から礁渓温泉までの距離は、ざっと台北から新北投温泉の3倍! 日帰りはできても、こんなに遠いと行くにも覚悟が要ります。

礁渓温泉に行ってみたくなった理由とは?

今回、礁渓温泉に行こうと思ったのは、ここは裸で入れると聞いたからです。台湾では、温泉はだいたい水着を着て入ります。慣れると平気ですが、やっぱり裸で入れるところのほうがいいです。台湾では、男女別で裸で入れる温泉は、「日式」と呼ばれ、料金が高いところが多いのです。温泉旅館やホテルの日帰り湯をする感覚です。新北投も烏来も男女一緒の露天風呂なので、もちろん水着を着て入ります。礁渓温泉は、裸で入れる公共温泉があります。しかも料金は無料! ただし男性だけ。そのかわり80元(約280円)を払えば、女性も裸で入れるところがあると聞き、礁渓温泉に行きたくなっちゃったのです。

バスターミナルで初めて知った礁渓温泉の真実

礁渓の町の中心でできる足湯! お湯はややぬるめ 礁渓の町の中心でできる足湯! お湯はややぬるめ

礁渓温泉と言えば、足湯ができる「湯圍溝温泉公園」が有名です。礁渓を紹介をしている写真は、すべて湯圍溝温泉公園で観光客が足湯をしている風景といってもいいぐらいです。足湯もしてみたいので、とりあえず行ってみることに。礁渓行きのバスが出ているのは、台北車站の北東にある台北バスターミナルです。バスターミナルで衝撃の事実が判明。所要時間はたった50分! これならバスで新北投に行く時とかわりません。礁渓へは、最初から最後まで高速道路なので、距離はあっても時間がかからないそうなのです。

礁渓温泉の「日式温泉裸湯」に行ってみよう!

お湯質は、弱アルカリ性炭酸ナトリウム泉。脱衣室にエアコンがないことだけが難点 お湯質は、弱アルカリ性炭酸ナトリウム泉。脱衣室にエアコンがないことだけが難点

10分遅れの所要時間約1時間で礁渓バスターミナルに到着しました。ここから湯圍溝温泉公園までは徒歩10分。真夏だというのに足湯をしている観光客でいっぱいでした。奥に入っていくと、温泉街です。「裸」と書かれた看板のところが公共温泉です。このお隣に80元で入れる「日式温泉裸湯」がありました。本当に「裸」を強調しています。日式温泉裸湯の女湯は、木造家屋の中に長方形のひのきの浴槽があり、落ち着いた雰囲気です。この浴槽の周辺には、大きな桶を地面に埋め込んだような浴槽が4つもありました(男湯は、桶のような浴槽はなし)。なんだか日本で温泉に入っているみたい。やっぱり裸で入れるっていいわあ。実は台北からめちゃくちゃ近い礁渓温泉の日式温泉裸湯、おすすめです!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/11/23)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索