チャイナ エアライン

チャイナ エアライン

チャイナ エアライン 機影 チャイナ エアライン ロゴ
日本〜台湾間を最多の便数で結ぶ。現地の人気シェフによる機内食提供
日本各地の14空港と台湾を、日台間最大の便数で結ぶ。台湾への直行便に加え、成田からはホノルルへの直行便も運航。羽田〜台北も1日2往復を運航し、都心に近い羽田と同じく台北の街中に近い松山空港と東京、台北ともに便利な空港発着の便があるのもメリット。また、台北を基点に世界各地100以上の空港へのネットワークも持つ。「フレンドリーな客室乗務員による自宅にいるようなくつろぎを提供するサービス」(同社)が特徴だ。台湾各地の人気シェフによる台湾料理の機内食を東京路線を中心に提供している。


日本就航地羽田・成田・札幌・静岡・名古屋・富山・関空・広島・高松・福岡・宮崎・鹿児島・那覇・石垣
国籍/運航地点台湾/台北
ネットワーク羽田〜台北(松山)週14便、成田〜台北(桃園)週28便、成田〜高雄週7便、成田〜ホノルル週7便、関空〜台北(桃園) 週28便、関空〜高雄 週12便、札幌〜台北(桃園) 週14便、札幌〜高雄 週5便、静岡〜台北(桃園) 週4便、名古屋〜台北(桃園) 週11便、富山〜台北(桃園) 週4便、広島〜台北(桃園) 週9便、高松〜台北(桃園) 週4便、福岡〜台北(桃園) 週14便、宮崎〜台北(桃園) 週3便、鹿児島〜台北(桃園) 週4便、那覇〜台北(桃園) 週14便、那覇〜台中週4便(マンダリン航空運航便)、那覇〜高雄 週7便(マンダリン航空運航便)、石垣〜台北(桃園)週2便
座席構成(シートピッチ)C・Y(C152.5cm・Y81cm、747-400の場合)、C・Y(C160cm・Y79〜81cm、エアバスA330-300の場合)
機内食メイン選択肢C3・Y2(那覇・石垣便を除く)
マイレージグループスカイチーム
マイレージプログラムダイナスティ・フライヤー・プログラム
日本路線の使用機材ボーイング747-400、737-800、エアバスA330ー300
WEBチェックイン
お子様向けサービスお子様向けフード提供
2レターCI
※文中略号:F=ファーストクラス、C=ビジネスクラス、PY=プレミアムエコノミークラス、Y=エコノミークラス

■更新日:2017年06月■


最新エアライン情報

LCC専用の成田空港第3ターミナルは、本当に遠い? 行き方と利用ガイド

簡素な成田空港第3ターミナル

羽田空港の国際線が充実してきてからというものの、成田空港の影が薄くなっている気がします。都心からです...続きを見る

【エアライン・空港】

(2017/09/04)

国際線の日本出発時刻を一発検索!
フライトスケジュールはこちら

エアライン基本情報