page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

チャイナ エアライン

チャイナ エアライン 機影 チャイナ エアライン ロゴ

台湾の翼、日本と共に半世紀 

台湾のフラッグキャリアであるチャイナエアラインは、2017年に日台路線就航50周年を迎えた。最上のおもてなしと安全と共に、世界4大陸に旅客便と貨物便を就航。日本と台湾を最多のフライトネットワークで結んでいる。2015年より建築デザイナー陳瑞憲氏主監のもと、「Next Gen」と題したリブランディングプロジェクトを実施。客室の内装から制服、小物に至るまで、全デザインとコンセプトの統一を図り、台湾の生活美における文化創造力を世界にアピールしている。「Next Gen」によりデザインされたB777-300、A350-900のインテリアや機内食器は、独iFデザイン賞やグッドデザイン賞を受賞。2018年1月現在、Skytrax社の航空会社レーティングにおいて4ツ星の評価、米グローバルトラベラーマガジン社の北アジアベストエアラインを5年連続受賞する等、世界から高い評価を得ている。

日本就航地東京(成田)、東京(羽田)、札幌、静岡、名古屋、富山、大阪、広島、高松、福岡、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄、石垣(季節運航)
国籍/運航地点中華民国台湾 / 台北(桃園)
ネットワーク台北(松山)、台北(桃園)、台南、高雄、など29ヶ国、150都市に就航。
座席構成(シートピッチ)A350-900、プレミアムビジネス:198cm(ベッド長) 、プレミアムエコノミー:99cm、エコノミー/ファミリーカウチ:81cm/152cm(ベッド長)
機内食メイン選択肢A350-900、プレミアムビジネス: 3種類、 プレミアムエコノミー: 2種類、エコノミー: 2種類 、その他、20種類ほどの健康や宗教に配慮した特別機内食の提供あり。
マイレージグループスカイチーム
マイレージプログラムダイナスティ・フライヤー・プログラム
日本路線の使用機材A350-900、A330-300、B777-300ER、B747-400、B737-800、B747-400F
WEBチェックイン
お子様向けサービスベビーミール、チャイルドミール、ギブアウェイ、子供用安全シート、同伴者のいない12-17歳のお客様への空港特別サポートの提供など
2レターCI
※文中略号:F=ファーストクラス、C=ビジネスクラス、PY=プレミアムエコノミークラス、Y=エコノミークラス

■更新日:2018年02月■


最新エアライン情報

2018インド情報/ベンガルールのケンペゴウダ国際空港と市内へのアクセスを紹介(その3)

空港のエアポートバス乗り場

「ベンガルールのケンペゴウダ国際空港と市内へのアクセスを紹介」その2からの続きです。最後に、一番安く...続きを見る

【インド/バンガロール】

(2018/06/12)

国際線の日本出発時刻を一発検索!
フライトスケジュールはこちら

エアライン基本情報