台湾グルメ・料理ガイド

台湾グルメガイド

台湾のグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

四方を海に囲まれながら3000m級の山岳地帯も持ち、海の幸と山の幸の両方に恵まれている台湾。その料理は、中国大陸の福建料理をベースに、台湾ならではの多様な食材を取り入れたもの。油を多用することなく、醤油を用いた淡白な味付けの料理が多いため、日本人の口に合うものが多い。食事の基本は小皿料理(小吃)で、夜市の屋台でこそグルメが楽しめる。南部では豊富なトロピカルフルーツもおすすめだ。日本統治時代に日本料理が取り入れられたため、おでんや刺身、寿司なども定着している。(2015年編集部調べ)


台湾の食事のマナー

食に関するタブーはほとんどないが、音を立てて麺をすするのは行儀が悪いとされている。麺はれんげに載せて食べるのが一般的だからである。お碗は持ち上げず、テーブルに置いたまま食べる。また、中国大陸では「出された料理を平らげるのは、まだ足りないという意思表示。残すのがマナー」とされるが、台湾にはこうしたマナーはない。酒の席での「乾杯」は、杯を持ち上げて飲み干すのが基本だ。レストランを含む公共の場所は全面禁煙(罰金あり)なので喫煙者は注意しよう。


現地ガイド発!台湾のグルメ・料理最新情報

2017/03/26 グルメ

台湾の野菜料理は「素食」を目指せ! これが結構うまいのです

台湾旅行イメージ-市場で売られる素食のおかず屋さん 市場で売られる素食のおかず屋さん

台湾の飲食店街を歩いていると、割と頻繁に目に入ってくる看板があります。それが「素食」です。旅行初心者のみなさんから、「あれって質素な食事のことですか?」とよく聞かれます。しかし素食は、質素という意味ではありません。日本で言う精進料理のことなのです。「素菜」とも呼びます。日本も仏教の影響で、精進料理が発展しましたが、中国では当然のことながら、日本より以前から素食料理が発展していたのです。紀元後5〜6世紀の南北朝時代には仏教の波及により、素食料理もかなり発展したと考えられています。すでに豆腐を使った料理が、素食料理の中でも重要な位置を占めるようになっていたようです。豆腐や豆料理でタンパク質をとり、…続きを見る



台湾のグルメスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


台湾グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる台湾の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
台湾のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!