花蓮グルメ・料理ガイド

花蓮グルメガイド

花蓮のグルメ・伝統料理

レストランで食事を味わうというよりも、屋台で気軽に楽しめるグルメの揃った花蓮。扁食(ワンタン)、葱油餅(ネギ入りのお焼き)、包子などの名店がある。海に面しているため海鮮料理にも期待できる。翻車魚(マンボウ)と七星柴魚(カツオ)が名物だ。花蓮は台湾最大の原住民族・阿美族が多いことで知られている。阿美族の味の代表格といえば「麻署」(台湾語でモーヂー)という餅菓子が有名。日本と同じような餅つきをする習慣がある。(2015年編集部調べ)


花蓮のレストラン・屋台

溝仔尾夜市、自強夜市、南濱観光夜市という3つの夜市があり、花蓮名物を堪能できる。おすすめは食べ物の屋台に特化した自強夜市だが、さほど離れていないため3つの夜市を一晩でハシゴすることもできる。葱油餅では炸蛋葱油餅(復興街)の半熟卵入りが美味しい。ワンタンでは液香扁食店(信義路)が圧倒的な人気を誇る。かつて蒋経国総統が台北から通っていたとされる老舗で、メニューはワンタンのみの専門店だ。包子では公正包子店(中山路)にいつも行列ができている。

花蓮の水・お酒

水道水は飲用には適さないので、コンビニなどで買えるミネラルウォーター、ペットボトル飲料などを飲むのがおすすめだ。屋台のフレッシュフルーツジュースも喉を潤してくれる。花蓮は日本統治時代、御用米を納めていたほどの米どころ。お酒にも期待できる。当地のトップブランドは花蓮酒廠。米酒が有名だが、粟で醸した「小米酒」など阿美族ゆかりの酒も製造している。工場見学もでき、売店で購入できるのはもちろん、作りたての台湾ビールも味わえる。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


花蓮グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる花蓮の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
花蓮のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!