日本人建築家の作品を見に、台湾へ!

台湾は、さまざまな面で日本と深い関係がありますが、現代建築というジャンルも例外ではありません。多くの日本の建築家が台湾で活躍しています。私は、海外で日本の建築家の作品を見たり、日本で海外の建築家の作品を見たりするのが好きなので、近くてすぐに行ける台湾はうってつけの国でもあります。今回は、日月潭にある「向山ビジターセンター」を訪れました。

流麗なデザインに酔いしれる、台湾・日月潭の向山ビジターセンター 流麗なデザインに酔いしれる、台湾・日月潭の向山ビジターセンター

湖を見ながらのサイクリングは最高!

台湾中部にあるダム湖、日月潭(にちげつたん/リーユエタン)は、風景の美しさから人気の観光名所です。2011年、ここに新しく向山ビジターセンターがオープンしました。日本人建築家の團紀彦氏の設計で、同年に台湾建築賞を受賞しています。この建築の写真をたまたま見て、そのデザインに強く惹き付けられました。コンクリートの、波のように優美な曲線を一目見てみたくて、バスターミナルからレンタサイクルを駆ってやってきました!湖の周囲にはきちんと整備されたサイクリングロードがあるため、海外といっても、風景を楽しみながら安心して走ることができます。

美しいビジターセンターの姿にうっとり

ビジターセンターの姿が見えてきたときにはうれしくて胸が高鳴りましたが、近づいてみても、広々とした敷地を有しながらまったく圧迫感がありません。地上2階建てという低層建築であることも理由の一つですが、それ以上に、直線的な箇所がほとんどなく、ひたすら流麗な曲線でかたちづくられた建物なのですね。うねるような建物を、いくらまわっても見飽きないのです!コンクリート製ですが、心憎いことに、場所によっては表面に木目模様を刻んであります。これにより、とっつきにくい現代建築に温かみが生まれていると感じました。

風景に寄り添うようなデザイン

前衛的なデザインに目を奪われがちですが(そしてそこに抵抗感を覚える人もいるようですが)、もしもこの風光明媚な湖の畔に、ただの四角い箱が建っていたとしたらどうでしょう?湖の景観はまったくぶち壊しになるのではないでしょうか。コンクリートという、現代的でチープで深みと無縁な素材を自在にうねらせることで、前衛的でありつつ、同時にこの土地にぴたりと寄り添うような配慮。建築家の意図を読み取れたことに興奮し、あちこちにカメラを向けては撮り続けます。どこをどのように切り取っても、岸辺に打ち寄せるさざ波のようなうねりを思い起こさせるのです。気がつけば、山のような枚数を撮っていました。

建築、展示、ショッピング、カフェ、すべてに満足できます

建物ばかりではなく、もちろん展示内容もすばらしいものです。とくに日月潭を紹介するビデオ上映は美しくて、またゆっくり時間をかけて日月潭に来たいと思わせるものでした。カフェテリアでは、まろやかな香りの無農薬台湾産コーヒーが飲めます。お土産品の品揃えもハイレベル。建築美と王道観光の両方を楽しめる新名所です。