台湾の夜市で食い倒れ

台湾での観光に、夜市(ナイトマーケット)を楽しみにしている方も多いと思います。日本の夏祭りのような感覚で屋台街を歩き、ショッピングや屋台料理を見て、ダーツ投げなどのゲームも楽しめます。中でも食べ物は、台湾の夜市ならではの巨大から揚げや焼きトウモロコシ、串焼き、様々なドリンクなど、全ての食べ物を嗜むことができないくらい種類豊富です。けれども、夜市は台北だけではありません。台湾中の市町村それぞれに夜市があり、ご当地グルメも存在します。

台湾夜市はアイディア食べ物でいっぱい 台湾夜市はアイディア食べ物でいっぱい

台湾全土にある様々な夜市

台北の夜市は大きな一本の道に多くの屋台が並んでいるのですが、台南では夜市専用の広場でだったり、他の都市ではメインの道路から交差する細い道一帯が夜市であったりします。また、日本のように現地の特産物を生かしたご当地グルメもあり、台湾北東部の宜蘭にある「ねぎ焼き」は私のお気に入りです。これは新鮮な青ネギ入りのもっちりした生地で包まれた揚げパンのようなもので、絶品です。観光名所の日月潭で同じものを食べたのですが、それは不味くて残念な経験をしました。

新しい食べ物を求めるなら逢甲夜市

台中にある「逢甲夜市」は、逢甲大学すぐそばで開かれていますが、ここでのアイディア商品はその後に台湾全土の夜市に広がっていくのだそうです。その例として「パパイヤミルク」、「もち米ホットドック」、「ダックサンド」、「サツマイモボール」などがあります。もち米ホットドックはもち米を詰めたソーセージを調理し、切り目を入れて肉ソーセージを挟んだダブルソーセージのようです。味も5種類ほどあり、珍しさと面白さを兼ねています。いずれも、本家のお店の前は大行列ですが、回転効率の良い台湾の屋台では待ち時間が短いので、すぐ購入できます。

新しいグルメを求めるなら台湾南部へ

台北は首都なので自然に人と新しいお店が集まりますが、現地の人から見ると物価が安くておいしいものが食べられるのは台中と考えているようです。夜市だけでなく台湾グルメの旅をするなら台中へ訪れてみましょう。毎年新しいアイディア商品が生まれているので、意外な食べ物に出会えるかもしれませんよ!