page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台南・家族で海外旅行の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

歴史的製糖工場をテーマパークにリノベーション!台南「十鼓仁糖文創園區」


「十鼓仁糖文創園區」とは?

砂糖貯蔵タンクを改造したカフェの外観 砂糖貯蔵タンクを改造したカフェの外観

台南にある「十鼓仁糖文創園區」は、世界で活躍する台湾ドラムパフォーマンス集団「十鼓撃樂團〜10ドラム」が運営する、太鼓音楽をテーマとした施設。園内には、ドラムショーや太鼓体験など太鼓に纏るものだけでなく、バンジージャンプや空中ブランコ体験、砂糖貯蔵タンクを改造したカフェやキッズプレイスペースなど、子どもから大人まで楽しめるアクティビティが沢山あります。
同園は、1909年から2003年まで実際に砂糖を生産していた製糖工場跡地で、この建物に歴史的価値を見出した10ドラムスがリノベーションして新たに生まれ変わりました。当時の雰囲気が残る建物とリノベーション力に工場マニアでなくとも驚かされます。

アクティブキッズ集まれ!

製糖工場の倉庫の「ウォールクライミング」 製糖工場の倉庫の「ウォールクライミング」

園内には、子供たちが楽しめるアクティビティが盛り沢山。親子で楽しめる太鼓レッスンや汽車は、小さな子どもでも十分に楽しめます。製糖工場の蔵の壁を利用して作られた「ウォールクライミング」は、いつも子供たちでいっぱい。下にマットが敷き詰められているので、小さな子どもでも安心して遊ぶことができます。他には、屋外ではアーチェリーやイカダ体験、屋内の砂糖貯蔵タンクを利用した巨大キッズプレイグラウンドなど一日居ても飽きないほど施設が充実しています。
特にオススメしたいのが、夢糖劇場で行う10ドラムのメンバーによる「ドラムパフォーマンスショー」。ライトに照らし出された工業機械に囲まれながら見るダイナミックな太鼓パフォーマンスは、他では見ることのできないエンターテイメントと言えるでしょう。

大人が思いっきり遊べる施設

工場屋根にある「空中ブランコ」の様子 工場屋根にある「空中ブランコ」の様子

工場の屋根に登ると、同園を上から一望できる大きな「空中ブランコ」があります。腰に安全ベルトを装着し、スリル満点のブランコに挑戦してみましょう。
他には、トップロープを腰に付けて、透明なアクリル板を登る本格的な「ウォールクライミング」も体験できます。こちらは小学生以上から体験できます。また、工場の屋根から工場ビルとタンクの谷間に急降下する「バンジージャンプ」や工場内でグループに別れて対戦する「レーザータグ」など、スリル満点の施設が盛り沢山です。

工場感が残るカフェやレストラン

レストラン「糖Bar子酒バ」内の様子 レストラン「糖Bar子酒バ」内の様子

園内には、幾つかカフェやレストランも点在しています。食事を楽しむなら、お洒落なレストラン「糖Bar子酒バ」が人気。工場の廃材や機械を利用してテーブルや椅子、照明をリメイクした工業インテリアを眺めながら、食事やお酒をいただくことができます。
カフェで一息つきたい人には、砂糖貯蔵タンクを改築した「蜜糖珈琲館」がオススメ。タンクの開放的な空間を利用したカフェには、壁沿いに3階まで続く階段があり、階毎にタンク内を一望できるカウンター席がズラリと並びます。いずれも独創的なインダストリアルデザインを楽しめる空間となっています。
台南の注目プレイスポット「十鼓仁糖文創園區」へ是非足を運んでみて下さい。

【基本情報】

「レーザータグ」が体験できる工場内の様子 「レーザータグ」が体験できる工場内の様子

■十鼓仁糖文創園區(十鼓文化村)
https://tendrum.com.tw/

住所:台南市仁徳區文華路二段326號
電話:+886-6-266-2225
時間:9:30〜17:00
定休日:無し
入場料:大人399元、学生380元、5歳以下無料
交通:台湾鉄道「保安駅」から徒歩15分、台湾高速鉄道(新幹線)「台南駅」から車で約15分

※「糖Bar子酒バ」の「バ」は、中国語では左に「口」右に「巴」と書きます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/02/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索