page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

コクのあるスープ、コシのある麺、絶品「牛肉麺」を召し上がれ!


掲載日:2007/08/20 テーマ:グルメ 行き先: 台湾 / 台北

タグ: おいしい グルメ 肉料理 麺類


いまや台湾人の国民食!?

細い路地沿いのお店。店構えは目立たないけど味はGood! 細い路地沿いのお店。店構えは目立たないけど味はGood!

「牛肉麺」は、牛骨や筋からとったスープ、やわらかく煮込まれた牛肉、コシのある麺の組み合わせがおいしい台湾の代表的な麺料理。元々は、牛肉を食べる習慣のなかった台湾人ですが、戦後中国大陸から渡ってきた人たちにより伝えられた牛肉麺は、いつの間にか台湾人に定着し、今では台湾の国民食といえるほどポピュラーなものになりました。さしづめ、日本のラーメンやカレーと言ったところでしょうか。
2005年,2006年には、台北市政府主催で「台北牛肉麺節」が開催され、ネット上での投票や、人気店の会場での実演販売が行われるなど、大いに盛り上がりました。
台湾に渡って工夫改良され、さまざまなおいしさを作り出した牛肉麺。今や、「牛肉麺の本場は台湾!」と言っても過言でないのかもしれません。

大きく分けると「紅焼」と「清」

お料理が来るまでの間、「小菜(小皿料理)」をつまみながら待つのが台湾流 お料理が来るまでの間、「小菜(小皿料理)」をつまみながら待つのが台湾流

「牛肉麺」と一口に言っても、スープの味付け、麺の種類、トッピングされる牛肉の部位などさまざまですが、大別すると「紅焼牛肉麺」と「清ドゥン牛肉麺」の2つに分けられます。
「紅焼牛肉麺」とは、牛骨や筋からとったスープに醤油、砂糖、豆板醤、生姜、八角や漢方などを使った、ピリ辛でコクのあるスープが特徴。「紅焼」という名前の通り、見た目は赤く、かなり辛そうにみえますが、ものすごく辛いということはほとんどありません。
「清ドゥン牛肉麺」とは、牛骨や筋からとったスープにあっさり塩味。味付けに醤油や豆板醤など加えません。それだけに、和食のすまし汁や、洋食のコンソメスープのように、ごまかしがきかず、店主の腕が試される一品です。
さて、今日は、「紅焼」と「清ドゥン」どちらも味わえる店「清真中国牛肉館」をご紹介いたします。

北京系牛肉麺店「清真中国牛肉館」。お肉はすべて「HALAL」

「東北斤餅」を薄くのばして丸める手つきにほれぼれ〜 「東北斤餅」を薄くのばして丸める手つきにほれぼれ〜

「清真中国牛肉館」は、北京系の牛肉麺店。「紅焼牛肉麺」と「清ドゥン牛肉麺」の他にも、「合菜代帽」や「京醤牛肉絲」など、代表的な北京料理を食べられます。店頭では、「東北斤餅」という中華風のパイを仕込む様子を見ることができますが、この「餅」で上記の料理を巻いていただくとまた違った味を楽しめます。お腹に余裕があるなら、こちらもぜひどうぞ!
また、「清真」というのは、中国のイスラム教徒のこと。イスラム教徒の方々は豚肉が食べられないだけでなく、牛肉や羊肉も一定の方法「HALAL」で処理したものしか食べることができません。こちらのお店では、イスラム教徒の方でも安心して食べられる牛肉が提供されています。

こってり「紅焼」とあっさり「清ドゥン」 やわらかい牛肉に舌鼓!

コクのある紅焼スープが麺にからんでいい感じ! コクのある紅焼スープが麺にからんでいい感じ!

さて、お店のイチオシ「紅焼牛肉麺130元(約470円)」をいただいてみましょう!
まずはスープを一口。ふわっと広がるなんともいえない良い味と香りが口の中に広がります。ピリ辛のスープはコクがあるのにクセがなく、「紅焼」はあまり好きでない・・・という人にもオススメです。牛肉はほどよい歯ごたえが残る程度にやわらかく煮込まれていて絶品です!
続いては「清ドゥン牛肉麺130元(約470円)」を。
こちらは澄んだスープが特徴です。あっさりしているのに牛肉の味と香りはプンプン。上等なコンソメスープにも似た味わいです。麺はほどよくコシがあります。お肉は「紅焼」同様やわらかく煮込まれています。もう少し濃い味がいい・・・という方には、「清ドゥン牛肉麺」専用のタレを追加し味の調整を。高菜漬けをトッピングして食べても、味に深みがでていい感じです。

他にもカレー味の牛肉麺や、トマト牛肉麺など変わりダネもたくさんあります。
いろいろ食べ比べて、あなた好みの牛肉麺を見つけてくださいね!

【関連情報】

澄んだスープにやわらかな牛肉がベストマッチ!の「清牛肉麺」 澄んだスープにやわらかな牛肉がベストマッチ!の「清牛肉麺」

■清真中国牛肉館
住所:台北市延吉街137巷7弄1號
電話番号:02-2721-4771
営業時間:11:00〜14:30、17:00〜21:00
定休日:なし
アクセス:MRT板南線・国父紀念館駅から徒歩5分ほど。
1番出口を出てすぐの細い道(延吉街137巷)を左折し、3〜4分歩くと右手にあります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索