page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・癒しの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

イタキモチいい、台湾の足裏マッサージ!旅のつかれもスッキリ解消


掲載日:2007/09/19 テーマ:癒し 行き先: 台湾 / 台北

タグ: マッサージ 癒し


痛みの後にある爽快感にはまります!

指だけでなく腕や肘を使い、渾身の力をこめてマッサージ! 指だけでなく腕や肘を使い、渾身の力をこめてマッサージ!

海外旅行の目的の1つは、日常生活から離れのんびりリラックスすること。でも旅にでてしまうと、あれもしたい!これもしたい!と欲張ってしまい、のんびりするどころかなんだか疲れちゃった……なんてことありませんか?
そんな時にオススメなのが、台湾式足裏マッサージ。足の裏には全身のツボが集中しているため、それぞれの器官に直結した「ツボ」に刺激をあたえることで、その器官の治療につながるのだとか
このマッサージ、場合によっては、悶絶するほど痛いのですが、痛い=悪いということ。痛みをこらえ、念入りにグリグリとマッサージしてもらうと、マッサージ後には驚くほどの爽快感を味わうことができます。歩き疲れてむくんでいた足もすっきり!履いていた靴も、マッサージを終え帰る時にはなんだかゆるくなったような気すらします。

マッサージ店は社交の場でもあります。お店選びは慎重に!

オススメするお店は、竹が目印のこんなお店。 オススメするお店は、竹が目印のこんなお店。

台湾にはそんなマッサージ店がたくさんあり、観光客だけでなく、地元台湾人もお気に入りのお店に足繁く通います。マッサージを受けるだけでなく、いわば社交の場でもあるようで、なじみのマッサージ師さんや他のお客さんとおしゃべりしたりして、心身ともにリラックスできるのも楽しみの一つのよう。
とはいえ、たくさんあるマッサージ店の中から、どの店を選べばいいのか難しいですよね〜。最近は、観光客向けのお店がどんどん増え、中にはいい加減な施術をする店があるのも事実。せっかくの旅行、トラブルに巻き込まれたり、不快な思いをすることがないようにお店選びは慎重にいきたいところ。ガイドブックやインターネットのクチコミなど考慮し、評判の良いお店に行くようにすることをおすすめします。

女性でも安心して行ける清潔なマッサージ店「涵竹 Bamboo House」

足裏マッサージ用チェアには1人1個テレビがつきます。リクライニング付きでリラックス〜 足裏マッサージ用チェアには1人1個テレビがつきます。リクライニング付きでリラックス〜

さて、今日ご紹介するマッサージ店「涵竹 Bamboo House」は、女性でも安心して行けるお店。2005年にリニューアルオープンしたとあって、店内は清潔感ばっちりです。リラックス効果のある「竹」をあしらった小物などがセンスよく配置されており、ながれるせせらぎの音に心が和ませられます。
六福皇宮(ウエスティンホテル)から徒歩2〜3分と便利な立地にあり、しかも営業時間が夜中の3時までと、一日観光し、夜市(ナイトマーケット)まで満喫した後にでも行けるのがなんとも嬉しい!

足裏も、全身も、首肩もアリ

店内には竹が飾られていたりと、リラックス雰囲気ばっちり! 店内には竹が飾られていたりと、リラックス雰囲気ばっちり!

足裏マッサージ(600元・約2160円)だけでなく、全身マッサージ(1000元・約3600円)や首肩マッサージ(300元・約1080円)なども受けられるので、疲れ具合に合わせて、お好みのマッサージをチョイスできます。もちろんいくつかを組み合わせて受けてもOK!
また、「女性のマッサージ師さんの方が安心」と言う方は、受付で申し込む時にその旨伝えれば対応してもらえます。
旅のつかれはマッサージでいやし、翌日からまた精力的に観光できますように!

【関連情報】

■涵竹 Bamboo House
住所:台北市龍江路151号
電話番号:02-8712-6181
営業時間:10:00〜翌3:00
定休日:なし
アクセス:MRT木柵線・南京東路駅の出口を出て、南京東路を龍江路方向へ歩き、六福皇宮(ウェスティンホテル)、中華航空のオフィスビルを越え、龍江路で右折。2〜3分歩くと右手にあります。

☆帰りが遅くなった時は、お店の方に頼んで、タクシーを呼んでもらうことをおすすめします。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索