page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

これは本当に食器なの!?見る者を釘付けにする台湾発ブランド


掲載日:2007/10/29 テーマ:ショッピング 行き先: 台湾 / 台北

タグ: お土産 アクセサリー ショッピング


まるで美術館のような店内にうっとり!

その芸術品の素晴らしさに、多くの人々から賞賛されています。技術の高さ、デザインの豊かさは足を運んでみる価値アリ! その芸術品の素晴らしさに、多くの人々から賞賛されています。技術の高さ、デザインの豊かさは足を運んでみる価値アリ!

陶器物には目がないあなたはもちろん、「そんなの興味ない。」……そういう人にこそ一度のぞいてみて欲しいお店「FRANZ(法藍瓷)」。一歩店内に入れば、そこはまるで美術館の様に美しい世界が広がり、誰もがウットリしてしまうことでしょう。2001年創立のまだまだ新しい歴史の浅いブランドですが、ニューヨーク国際ギフト展で、「蝶の舞」シリーズがベストギフトコレクション大賞を受賞し一気に知名度が上がり、今や故宮や大英博物館にも納め国内外を問わず注目されている知る人ぞ知る陶器のお店をご紹介します!

今までに無いまったく新しい斬新なデザイン!

食器だけでなく、写真立てやアクセサリーもあります 食器だけでなく、写真立てやアクセサリーもあります

他ブランドとの違いは、見たらわかるとおりデザインの斬新さと存在感。流れるような美しい動きのあるデザインでいて蝶や花などの自然を大胆に作品に施した生命力溢れる見事な造形美は、ある意味官能的で心を奪われてしまうはず。目の保養とはまさにこういうこと。陶磁器製造も機械化が進む中、FRANZの品物は一つ一つ丁寧に熟練した職人技によって仕上げられるハンドメイドで完成までに約1ヶ月前後かかるというのも頷けます。まさに東洋と西洋が上手にミックスされた世界に誇れる台湾発の芸術とも言えます。

あなどる事無かれ。コンセプトは「機能性を持つ芸術品」

レストランにギャラリーが併設されていて、ここでもゆったり堪能できます レストランにギャラリーが併設されていて、ここでもゆったり堪能できます

でも見た感じ、どの食器も華奢で本当に使えるの?って思ってませんか?意外にも手にとって見ると、実際にはフィット感があり、もちろん使用に耐える強度も持っています。その証拠に八徳路にあるイベントホール「城市舞台」B1ではFRANZ食器を使用したアフタヌーンティーがいただけて、実際に買わなくても優雅な気分を味わう事ができます。

アフタヌーンティーの営業時間:14:00〜17:00
料金:999元/2人(+10%)〜 (土日は要予約)
電話番号:02-2579-0558
※HPに詳細アリ

旅の思い出にFRANZ製品をお土産に!

こちらはまるで、カップもお皿も花で作ったかのようなデザイン こちらはまるで、カップもお皿も花で作ったかのようなデザイン

FRANZの製品はティーカップ&ソーサー(2800元〜)、大皿(5000元〜)、花瓶(3000元〜)が中心です。安くはないけれどティースプーンなら500元〜だし、他の陶磁器ブランドに比べれば頑張れば買える絶妙プライス!色々テーマがあって、そのテーマごとにひと揃え作られているので、気に入ったものがあればひとつずつそろえていくと楽しいかも。もしくは、大切な友人へのお礼や、結婚のお祝い、誕生日プレゼントなどにも最適です。旅の思い出はプライスレス、って言いますし、動物や花など自然の生物を立体的にあしらった陶器は、部屋にひとつあるだけで惹きつけられます。自分へのご褒美にもいかがですか?

【関連情報】

同じような店構えのお店が続きますが、次の通りとのちょうど真ん中辺りにあります 同じような店構えのお店が続きますが、次の通りとのちょうど真ん中辺りにあります

住所:台北市中山北路二段45巷23號1F
電話番号:02-2523-0606
営業時間:11:00〜21:00(金曜・土曜は21:30まで)
定休日:無し
URL:http://www.franzcollection.com.tw/
アクセス:MRT淡水線中山駅下車徒歩8分程。4番出口を出て南京西路をそのまま前に(東に)進む。中山北路に交差したら地下道を通って老爺酒店に向かう出口を上がりそのまま進み、老爺酒店は通り過ぎてルイヴィトン角右折。左手にあります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索