page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

伝統行事、燈節(ランタンフェスティバル)に見る幻想的な世界


掲載日:2008/01/10 テーマ:祭り・イベント 行き先: 台湾 / 台北

タグ: すごい! イベント


新年最初のイベント「燈節」

干支である「豚」をテーマに、横には101、観覧車など台北の見所がぎっしりの欲張りメインランタン。(写真は2007年度) 干支である「豚」をテーマに、横には101、観覧車など台北の見所がぎっしりの欲張りメインランタン。(写真は2007年度)

毎年、旧暦1月15日(2008年度は2月21日)はお正月の締めくくりであり、新年最初の満月をお祝いする元宵節。各地でランタンの明かりを灯し、湯圓と呼ばれる温かいスープの中に入った白玉ダンゴのようなお餅を食べる台湾の伝統的行事の行われる日です。台湾ではこの元宵節にあわせ毎年「ランタンフェスティバル」と呼ばれるイベントが各地で開催されています。その年の干支をメインテーマにした様々な張子のようなランタンの作品が一堂に展示され、美しく幻想的なランタンフェスティバルは、台湾では見逃せないイベントです。この様な手作りの物は、作った人の興味のある事、色彩センスや感性など色々な物が反映されると思うので、見ていてとても興味深いと思います。旅行の日程が重なっているのであれば、是非ランタンフェスティバルに足を運んでみてくださいね。

大きな会場は全部で3つ!

ランタンフェスティバルの会場では、毎年好評の干支をデザインしたミニランタンの無料配布も行われます。、数量限定のためなくなり次第終了です ランタンフェスティバルの会場では、毎年好評の干支をデザインしたミニランタンの無料配布も行われます。、数量限定のためなくなり次第終了です

■2008台北燈節(期間:2月16日〜2月24日、会場:台北市政府及び信義商圏)
今年の台北燈節のテーマは「鼠」。昨年は、「台湾民主紀念館」(旧:中正紀念堂)で行われていたので又少し勝手が違うと思いますが、コンセプトは同じなので、会場には干支である鼠のメインランタンを始め、台北101、大観覧車など、台北のランドマークとなる建築物や有名な景観スポットをテーマにした大型ランタンや伝統ランタンなどが展示され、2月24日まで様々なイベントやショーが繰り広げられる予定です。

■2008台灣燈會(期間:2月21日〜3月2日、会場:南部科学工業園区)
交通部観光局が主催する最大規模の台湾ランタンフェスティバル。昨年に引き続き、台湾南部の台南市で開催されます。毎年、メインランタンが点灯されるとレーザー光線やカラーライトによる光で古都の夜空が華やかに彩られ、多数のランタンで光の海となります。

■2006高雄燈會(期間:2月16日〜3月2日、会場:高雄市愛河(中正橋〜鉄道橋)周辺、高雄港第11号〜15号埠頭)
イベント期間中は、川面に反射するイルミネーションや花火、水と光のライトアップショーなど、水辺ならではのロマンティックで華やかな演出が楽しめます。

元宵節の夜空をかざる平渓の天燈とばし

参加希望の方は当日会場にて申し込みをし、この天燈飛ばしのイベントに参加可能。また15分に一度天燈飛ばしイベントが開催される予定なのでたくさんの方に会場で体験していただく事が可能です 参加希望の方は当日会場にて申し込みをし、この天燈飛ばしのイベントに参加可能。また15分に一度天燈飛ばしイベントが開催される予定なのでたくさんの方に会場で体験していただく事が可能です

もうひとつ忘れてはならないのが、台北から東へ向かって約1時間程の所にある、山々に囲まれた平渓郷で行なわれる「放天燈」。天燈と呼ばれる熱気球の原理を用いた空高く舞い上がるランタンに願い事を書き、夜空に一斉に放つ美しく幻想的なイベントです。由来は諸説ありますが、「天燈」は空高く舞い上がることから、村民の願いが天の神様に近づくと考えられ、いつの頃からか、祈りの言葉を書き込むようになったそうです。一部の集落で習慣として細々と続けられていた「放天燈」ですが、町おこしの一環として大規模なイベントが開催されるようになり、今では、平渓と言えば天燈、と言われるまでになり、毎年大勢の観光客が訪れるようになりました。ぜひあなたも、2008年の願いを「天燈」に託してみませんか?

【関連情報】

あまりのきれいさに見とれる事しばしばですが、かなりの人ごみなので、いろんな面でご注意ください あまりのきれいさに見とれる事しばしばですが、かなりの人ごみなので、いろんな面でご注意ください

■平渓エリアまでのアクセス
台北駅より東部幹線に乗り瑞芳駅まで(所要約45分)。自強号、などの特急、快速電車も停車しますので一時間に5本程度の本数はあります。(一部瑞芳駅に停車しない自強号もありますのでご注意ください)。瑞芳からから平渓線に乗り換えます。瑞芳―菁桐間(所要約45分(30元))。一区間毎の最低運賃は15元ずつとなります。もしくは、MRT木柵線木柵駅または動物園駅下車、16番バスに乗車に乗り台鐵の瑞芳駅で下車しバスに乗り換えて平渓へ。

干支とは関係なく、こんな遊び心満載のランタンもありますよ! 干支とは関係なく、こんな遊び心満載のランタンもありますよ!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索