page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

充実した品揃え。自分のためのステキな茶器探しはいかが?


掲載日:2008/02/07 テーマ:ショッピング 行き先: 台湾 / 台北

タグ: お茶 お土産 かわいい ショッピング 雑貨


繊細な図柄がとっても素敵な茶器を扱うお店

台湾に来るたびに、ここの茶器を1つずつ増やして行きたい…そんなお店なのです 台湾に来るたびに、ここの茶器を1つずつ増やして行きたい…そんなお店なのです

台湾旅行での楽しみの一つとして「中国茶」がありますが、台湾で出会ったお茶を日本に帰ってからも楽しみたいと思いませんか? 厳格な作法は特にないので、時と場所に応じて気軽に楽しめる物なのですが、だからこそきちんと淹れたときはより美味しさを増すことを知っていただけたらと思い、今回は日本語で色々と教えていただける「茗泉堂茶荘」さんという素敵なお店をご紹介いたします。

どれもが心弾むセンスの良いデザイン!

販売されている茶器のほとんどはデザイナーに特注で作らせているオリジナル商品 販売されている茶器のほとんどはデザイナーに特注で作らせているオリジナル商品

こちらのお店には、店主・葉玉美さんの審美眼にかなったクオリティの高い上品な磁器の茶器が豊富に揃っています。中には、台湾人作家の高価な作品もあれば、手頃な値段で買えるものもありますので、良い物をお探しの方は是非訪れてみてください。人気なのは、手書きの絵付けが繊細な磁器の茶器など。作家の手書きのものだから、台湾の思い出に買うには少し高価かもしれませんが、大量に印刷されたものと比べると繊細な色使いなどがはっきりとお分かりになると思います。模様も蝙蝠や蓮の花など様々で、いくら見ても飽きない空間です。

でも、何の知識も無いけど大丈夫?

この店の茶器は他店ではなかなかお目にかかれない、色使いが鮮やかな物が多いです この店の茶器は他店ではなかなかお目にかかれない、色使いが鮮やかな物が多いです

磁器の絵付けの善し悪しは、いろんな作品を見て目を肥やさないとなかなかわからないものなので、茶器を上手に選ぶには予算や好みを葉玉美さんに伝えて助言をもらうと判断もしやすいはず。葉さんは、無駄に話し掛ける事がなく、でもこちらが欲している事を察すると熱心に教えてくれ、日本語がとても流暢で初心者の方でも的確なアドバイスをしてくれるのでとても心強いと思います。もちろんお茶に関するレクチャーもその場でしてくれ、それぞれのお茶の一番おいしい飲み方もやさしく教えてもらえますよ!

もちろんお茶やお茶請けも揃います

葉さんのお薦めは100g 600元の凍頂ウーロン茶。基本的には100g単位の販売ですが、50gでも売ってくれます 葉さんのお薦めは100g 600元の凍頂ウーロン茶。基本的には100g単位の販売ですが、50gでも売ってくれます

「茗泉堂茶荘」のもう一つのお薦めはお茶請けの「茶梅」。オリジナルの製法で作られる茶梅のおいしさの秘訣は梅をつける蜂蜜なんだとか。甘味料などは一切使わない体に優しい天然の甘みを引き出したオリジナルの茶梅は売り切れとなってしまうこともあるようです。又、販売しているお茶も一流品のみで、自信をもってお薦めできるお茶ばかりだそうです。種類も多数用意されていますので、まずは葉さんに予算や好みを伝えてお薦めのお茶を試してみてください。きっとお気に入りのお茶が見つかるはずです。

【関連情報】

急須ひとつとっても、様々な色や形、大きさがあるので、実際に手にとって自分の手にしっくりくるのを探してくださいね! 急須ひとつとっても、様々な色や形、大きさがあるので、実際に手にとって自分の手にしっくりくるのを探してくださいね!

■茗泉堂茶荘
住所:台北市林森北路3號
電話:02-2391-4047
営業時間:8:00-22:00
定休日:無し
アクセス:MRT板南線・善導寺駅1番出口を出て後ろに向かい一つ目の道の林森北路を渡ります。渡ったら左(北)へ進むと右手にすぐ見えます。シンプルな門構えなのでお気をつけください。バス停まできたら行き過ぎです。

※店内の商品は高価な物もありますので、むやみに触れたりせず必ず葉さんにお声をかけてから見せてもらってください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索