page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

一年中マンゴー冰が楽しめるお店、33冰城


掲載日:2008/04/01 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: 台湾 / 台北

タグ: おいしい フルーツ


台湾と言えばマンゴー

食事の後の定番!?「芒果千層冰(マンゴーカキ氷・120元)」。マンゴーシャーベットがフリフリのレースのようにのっているのが見えますか? 食事の後の定番!?「芒果千層冰(マンゴーカキ氷・120元)」。マンゴーシャーベットがフリフリのレースのようにのっているのが見えますか?

昨年は日本でもマンゴーが大流行だったので、皆様の印象では「台湾=マンゴー」という方も多いのではないでしょうか? 日本と違ってマンゴーが比較的安価なこともあって、台湾ではお手軽に食べられる果物である事は間違いないのですが、実は6月〜10月が旬の物なので、この時期を逃すとガイドブックにあるようなマンゴーデザートにはなかなかありつけないのが現状です。

シーズンオフでもあきらめないで!

マンゴーの他に「草苺千層冰(いちごカキ氷)」や贅沢にも両方が味わえる「芒果草苺千層冰」などもあります マンゴーの他に「草苺千層冰(いちごカキ氷)」や贅沢にも両方が味わえる「芒果草苺千層冰」などもあります

でも、大丈夫。考える事は日本人でも台湾人でも同じで、シーズンオフにだって食べたい物は食べたい。…となれば、そうなんです。一年中マンゴーカキ氷が食べられるお店がやはりあるのです。今日ご紹介する「33冰城」では、一年中マンゴーカキ氷が食べられる、旅行者にうれしいお店です。シーズンオフには、旬のマンゴーを冷凍した物を使っているのですが、旬の時期の生マンゴーがゴロゴロ…という迫力こそありませんが、濃厚な味わいはそのままなので、きっと満足できるはずです♪

ただのカキ氷じゃないんです

コチラがお店のポスター。ちょっと過大広告気味ですが、その辺はご愛嬌ということで… コチラがお店のポスター。ちょっと過大広告気味ですが、その辺はご愛嬌ということで…

しかもコチラのお店、一般的なカキ氷と違い、千層冰(シャーベット)使用しているのも人気のひとつです。カキ氷の上にマンゴー味のシャーベットを削ってドッカーンと盛り付け、その上にマンゴーとマンゴーソースがかかったとても豪華なかき氷なので、マンゴーの甘酸っぱさと爽やかな香りが口の中いっぱいに広がり、清涼感満点です。口に入るとふんわり溶けてなくなり、一口、また一口と、手が止まらなくなるので、食べすぎにはご注意くださいね! 練乳の甘さも、マンゴーの美味しさをさらに引き立てています。

注文スタイルも簡単

狭いながらも地元の若いカップルたちにも人気のお店です。お店の前に全然違うお店がありますが、気にせず中に入ってください 狭いながらも地元の若いカップルたちにも人気のお店です。お店の前に全然違うお店がありますが、気にせず中に入ってください

こちらは先にお会計をすませるスタイルなのでメニューとも言える店内の特大ポスターを指差して注文すれば、言葉ができなくても大丈夫ですよ! 夏はもちろん、冬でもお客さんが訪れるコチラのお店、是非一度試してみてくださいね! ちなみに、有名な話ではありますが、台湾のカキ氷はすごいボリュームなので「2人で1つ」がベストです♪

【関連情報】

青い看板が目印です 青い看板が目印です

2009年4月追記
こちらの記事で紹介しました「33冰城」は、2009年4月をもって閉店しました。


■33冰城
住所:台北市大安路一段42号
電話番号:02-2711-9533 / 02-2711-8533
営業時間:11:00〜22:00
アクセス:MRT板南線・忠孝復興駅4番出口から出て、そのまままっすぐ進み二つ目の道(大安路)を左に曲がり、直進すると左手にあります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索