page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

観光スポット目白押しエリア!日本・台湾・中国の関係を知ることで、より台湾を知る!


掲載日:2008/06/12 テーマ:歴史 行き先: 台湾 / 台北

タグ: ためになる 公園 歴史


台湾の人にとってとても重要な公園

紀念碑には色々な思いがこめられています 紀念碑には色々な思いがこめられています

二二八和平公園は台北駅周辺の台北メイン観光スポットに囲まれたのどかな雰囲気の公園です。緑が豊かで、人々の憩いの場になっており、太極拳をしている姿もちらほら見かけます。日本統治時代の1899年に台北公園という名前で開放されたこの公園、1997年に「二二八事件」の悲劇を忘れないことを目的に、二二八紀念館と紀念碑が設けられ、公園の名も「二二八和平公園」と改められました。放送局として使用されていた建物が、現在の二二八紀念館で、1、2階に展示してある資料や写真などで事件について知ることができます。

知っているようで知らない台湾の歴史

紀念館は公園の端に奥まってあります。分かりにくいので園内地図で確認してください 紀念館は公園の端に奥まってあります。分かりにくいので園内地図で確認してください

公園はのんびりと美しいのですが、その中にひっそりとたたずむ紀念館。さっと見れば30分程度で見終わる小さな紀念館なのですが、じっくり見たら1時間以上かかり、なかなか見ごたえがあります。イラストや写真を多用した展示は、館内を歩きながら自然と事件に関する知識が頭の中に入っていくスタイルとなっています。1Fから2Fへ足を進めていくにつれ、日本人も関わっている事なので、色々と考えさせられる事も多く、次第に厳粛な気持ちになっていきます。台湾の歴史を知っていただくためにぜひ訪れていただきたい紀念館ですが、展示解説は全て中国語ですので、受付にて日本語ガイドのイヤホンを借りるか、ボランティアの方に付いていただいて説明していただくとよりいっそう理解が深まると思いますので、お時間のある方は是非お願いしてみてください。観光に組み込まれているメジャーな場所でないだけに、来館者の真摯な様子が印象的です。

小粒ながらも充実した公園です

伝統的な建物の後ろには近代的なビルが見える…歴史の流れを感じます 伝統的な建物の後ろには近代的なビルが見える…歴史の流れを感じます

公園内には、二二八紀念館のほかに国立台湾博物館、SL展示室(台湾鉄路最初の蒸気機関車が保存されています。1887年にドイツで製造されたものを輸入し、活躍してきました。)があるほか、野外コンサート場、噴水付きの池、二二八紀念碑などがあります。また、目をひくのが池の中央にたたずむ翠亭閣。池の周りには4つの中華式東屋を従えており、それぞれの東屋の中には台湾の名士の銅像が鎮座しています。又、紀念館の前には黒い玉状の石が敷きつめられた「健康歩道」もあり、なかなか充実した公園ですので、園内も散歩してみてくださいね! ただし、これはどこででも言えることですが、夜の園内は雰囲気がガラッと変わりますので、日があるうちに訪れる事をオススメします。

【関連情報】

昼間はここを通って通り抜けしている人が大勢います 昼間はここを通って通り抜けしている人が大勢います

■台北二二八紀念館
住所:台北市中正区凱達格蘭大通3號
電話番号:02-2389-7228
入館時間:10:00〜17:00
休館日:月曜日、祝日の翌日
入館料:20元
URL:http://228.culture.gov.tw
アクセス:MRT淡水線・台大醫院駅で下車、一番出口出てすぐ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索