page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

インパクト大!大仏を拝みながら食す!?高雄の鍋レストラン「天水王月(テンシュエユエ)」


テレビでも話題の【大仏鍋レストラン】

入口入り、正面に見える大仏様 入口入り、正面に見える大仏様

高雄の新幹線駅「左營駅」から比較的近くにある【天水王月(テンシュエユエ)〜佛陀火鍋殿堂】。高雄市内のインパクトあるレストランとして、TBS『ぴったんこカン・カン』でも紹介されました。それもそのはず、重厚な木の扉が開くと、巨大な大仏様のお顔がお出迎え!台湾でも稀にみる神秘的な雰囲気の中、鍋料理がいただけると、地元でも観光客にも話題の高雄で今一番アツいレストランです。

看板メニューの【綿菓子すき焼き】

綿菓子が入った状態の「寿喜焼(すき焼き)」 綿菓子が入った状態の「寿喜焼(すき焼き)」

同店では、台湾でよくある一人前の鍋メニューで注文します。
お店の雰囲気からすると、一見高級そうなイメージですが、実は、鍋一人前オーダーで278元(約1000円)から。鍋と鍋の具(肉、野菜などの盛り合わせ)+ご飯OR麺類+卵+ドリンク+スムージーのセットなので、とってもリーズナブルです。
一番人気は「寿喜焼(すき焼き)」。人気の秘密は、運ばれてきた時のインパクト!大きな綿菓子が鍋に浮かんでおり、その上からすき焼きのタレを注いで溶かしていきます。「綿あめ?」と驚く人もいると思いますが、すき焼きの甘さを綿菓子で調節しているので、食べると日本さながらのすき焼きのお味に驚くことでしょう。

台湾ツウは夏でも冬でも【麻辣鍋】!

「麻辣鍋」セット 「麻辣鍋」セット

日本では鍋料理は冬が主流ですが、台湾では、季節関係なく、1年中鍋を食べる習慣があります。特に、夏にクーラーをガンガンにつけて、熱い鍋、特に「麻辣火鍋」をいただくのがザ★台湾流。それ故、台湾人は夏バテもせず、いつもエネルギッシュなのかもしれません。
天水王月でも「麻辣鍋」が人気!漢方と香辛料が入った栄養満点のスープは、辛さの調節もお好みでできます。またお肉は、様々なランクの牛肉、豚肉、鴨肉から全10種類取り揃えています。お肉が苦手な人には、海鮮セットやベジタリアンコースもあるので、ご心配なく!

店内はSNS映えする【大仏モチーフ】がいっぱい!

黄金の手がそびえ立つ店内 黄金の手がそびえ立つ店内

店内正面にある大仏様のお顔の反対側には、大仏様の手でしょうか?巨大な黄金の手が、天井を支えるかの様にそびえ立っています。
中央に流れる川の上には、キャンドルが灯り、特にスモークが立ち込め、より一層神秘的な雰囲気を醸し出しています。また、店内にある小さな大仏の顔のモチーフがズラリと並んだ壁は、SNS映え間違いなし!
鍋を食べ終わったら、ゆっくり店内を見て回るのも、一種のアミューズメントパークの様な感覚で面白いと思います。二階から見る景色はまた格別なので、店員さんにお願いして見に行ってみて下さいね♪

【関連情報】

大仏様の顔前にて 大仏様の顔前にて

■天水王月(テンシュエユエ)〜佛陀火鍋殿堂
http://www.tsy.tw/home/about
住所:高雄市左營區曾子路105號(曾子路口)
電話番号:(07)343-8188
営業時間:午前11:00〜午後24:00
アクセス:高雄の新幹線駅「左營駅」からタクシーで5分
     高雄MRTレッドライン「生態園区駅」から徒歩5分
※日本語メニューあります
※土日は混むので、予約がおススメ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/12/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索