page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

台湾産コーヒーを味わえる!台北・迪化街【森高砂珈琲】


ノスタルジックな【森高砂珈琲】でコーヒータイムを

【森高砂珈琲】の外観 【森高砂珈琲】の外観

台北屈指の観光スポット「迪化街」の問屋街から徒歩圏内に、老街風にデザインされた美しい建物。その一角に台湾産コーヒー専門店【森高砂珈琲】があります。この場所は、実は台湾で初めて喫茶店が始まった場所でもあり、「コーヒーの所縁のある場所で、台湾産コーヒーを味わってもらいたい!」と、コーヒー豆の問屋をしている同店オーナーが、2011年に「森高砂珈琲」をこちらにオープンさせました。

世界が注目する台湾産コーヒー豆がズラリ!

店内カウンター様子 店内カウンター様子

台湾でコーヒーが栽培されているの!?という人も多いとは思いますが、実は、台湾産コーヒー豆は、日本統治時代から栽培されるようになりました。品質が良く、南部の限られた地域のみで栽培されていることから、珈琲好きが一度は味わいたい!希少価値のあるコーヒー豆として世界的にも注目されています。同店では、オーナー自ら農家を巡り、厳選した全111種類の台湾産コーヒー豆から常時10種類ご用意。味の特徴や産地名を日本語でも記載しているので、自分の好みで選ぶことができます。店内で味わったコーヒー豆は、豆でもドリップ式でも購入することができます。

1度で2度楽しめる!?コーヒーセット

実験道具のようなコーヒーセット 実験道具のようなコーヒーセット

コーヒーメニューは全て、ホットORアイス、大OR小から選ぶことができます。程よい苦味が感じられるコーヒーが好みであれば「雲林県古坑郷/湿式精製」(小・220元)のホットがオススメ!ハンドドリップで、手早く淹れたコーヒーセットは、まるで実験道具のような「ガラスのピッチャーに入ったホットコーヒー」と「氷水に浸されたガラス管入りアイスコーヒー」と2種類楽しむことができます。
冷たいコーヒーを飲むとコーヒー豆の品質の良し悪しがわかるので、あえて同店のコーヒーのクオリティの高さを知ってほしいと始めたんだとか。素材にこだわって作ったスイーツやキッシュと合わせて、ぜひ次回の旅は、台湾産コーヒーを味わってみて下さい。

【関連情報】

店内様子 店内様子

■森高砂珈琲
住所:台北市大同區延平北路二段1號1F
電話番号:+886-2-2555-8680
営業時間:12:00〜22:00
定休日:無し
アクセス:MRT北門駅Y21/Y23出口より徒歩約7分、またはMRT中山駅から徒歩約10分
情報:日本語メニューあり。英語を話せるスタッフがいます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/03/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索