page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

台北で絶対食べたい!「台湾サンド特集」


半熟目玉焼きサンドが絶品!中山区「可蜜達Comida」

「ポークエッグサンド」の半熟卵が流れ落ちる様 「ポークエッグサンド」の半熟卵が流れ落ちる様

台湾は外食文化が発達しているので、朝から沢山の朝ごはん屋さんが開いています。豆乳やお粥、肉まんなど種類も豊富。そんな台湾朝ごはんの定番のひとつに「サンドイッチ」があります。日本でも食べられるし…と思っていたら大間違え!台湾サンドイッチはバラエティー豊かで一般的なサンドイッチの枠を超えたものが多数あります。そんな究極の「台湾サンド」にありつけるお店をご紹介します。
雙連駅から徒歩10分の「可蜜達Comida」は、厳選した食材で作る絶品サンドと「炭火焼きサトウキビジュース」(35元)が人気のお店。看板メニューは、とろーりと半熟の目玉焼きの断面に目と胃袋が奪われる「半熟目玉焼きポークサンド」(60元)。食べ応え抜群の豚肉と半熟目玉焼きを大胆に挟んだトーストは焼き立てサクサク。その他にも4種類のチーズがとろけ出ている「チーズポークエッグカルテットサンド」(100元)や「レモン馬告鶏肉エッグサンド」(70元) など、他では食べられないようなサンドイッチが充実しています。 こぼれ落ちそうなサンドイッチを食べる為に、ビニール手袋を用意してあるのも嬉しい限りです。

「饅飽(MANBAO) 」でふかふか饅頭サンドバーガー

「スパイシー鶏饅頭バーガー」プレート 「スパイシー鶏饅頭バーガー」プレート

台湾家庭の朝食の定番「饅頭」とは、小麦粉で作った肉まんの皮の部分だけでできたパンのことで、中には何も入っていません。豆乳が頂ける朝ごはん屋さんでは、その饅頭をそのまま食べたり、玉子や油條を挟んで食べたりもします。そんな台湾人が昔から親しんでいる饅頭にサンドしているのが、赤峰街にある「饅飽(MANBAO) 」。
コーヒーにも合うという饅頭バーガーのイチオシは、ふかふかの皮にピリ辛の鶏肉がよく合う「天麻椒香秘汁鶏/スパイシー鶏饅頭バーガー」(250元)。辛みが強めなので、まずは小辛からお試しあれ。
他にも「ジャーマンソーセージ&ピーナツバター饅頭バーガー」(180元)や「スパイシー豚キムチ饅頭バーガー」(240元)などひと手間加えたメニューが充実。小ぢんまりとした可愛らしい店内には、ひとりでも立ち寄れそうなカウンター席があるのも魅力のひとつです。

タロイモペーストサンドなら「満楽鉄板吐司」

「鹹豬肉土司」と「芋泥ナイ酪吐司」 「鹹豬肉土司」と「芋泥ナイ酪吐司」

近年、台湾各地で密かなブームとなっていたタロイモペーストサンド。その火付け役のひとつでもある中正区にある「満楽鉄板吐司」では、「芋泥ナイ酪吐司」(65元)というたっぷりのタロイモペーストにパンナコッタを挟んだサンドイッチと台湾のふりかけ・肉鬆とタロイモペーストを組み合わせた甘じょっぱい味が癖になる「肉鬆芋泥吐司・葷」(65元)を楽しめます。デザート感覚で頂けるタロイモペーストサンドは、芋好きファンには是非食べてほしい一品です。
甘いサンドイッチが苦手な人には、台湾独特の手法で味をつけた豚肉と野菜たっぷりの「鹹豬肉土司」(80元)も人気。店内にはイートインスペースもあるので、家族や友人と半分ずつシェアしたりするのも良いでしょう。
※「芋泥ナイ酪吐司」の「ナイ」は、中国語では「女」へんに「乃」と書きます。

基本情報

「満楽鉄板吐司」の外観 「満楽鉄板吐司」の外観

■可蜜達Comida
・林森店 https://www.facebook.com/comidatoast
住所:台北市中山區林森北路310巷24號
電話:+886−2−2523-5323
時間:7:00〜12:30
・北門店 https://zh-tw.facebook.com/pages/category/Breakfast---Brunch-Restaurant/%E5%8F%AF%E8%9C%9C%E9%81%94Comida%E5%8C%97%E9%96%80%E5%BA%97-254714021870097/
住所:台北市中正區中華路一段21巷14號
電話:+886−916−678−489
時間:7:00〜14:00
※売り切れ次第終了

■饅飽(MANBAO)  https://www.facebook.com/manbaomb/
住所:台北市大同區赤峰街77巷2號
時間:11:00〜19:30(日曜日〜18:00、月曜休業)

■満楽鉄板吐司
住所 台北市中正區杭州南路一段69號
電話:(+886) 886-2-2391-5153
時間:7:30〜13:30
※松山区、大安区にも支店あり。時間は各店舗要確認。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索