page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

何度だって通いたい!台北朝ごはん「豆漿店」3選


「豆漿店」とは?

「青島豆漿店」の鹹豆漿と肉餅(肉まんじゅう)、韮菜盒(ニラ饅頭) 「青島豆漿店」の鹹豆漿と肉餅(肉まんじゅう)、韮菜盒(ニラ饅頭)

朝から外ごはんが当たり前の台湾で、絶対に外せないのが「豆漿店」つまり豆乳店。「豆乳店」と聞いて、日本人はあまりピンと来ませんが、台湾は実は「豆乳大国」。小学校でも牛乳と豆乳どちらか選べるほど、台湾生活には欠かせない飲物です。その豆乳に甘みをつけた「甜豆漿」と、豆乳鍋のスープのように醤油や酢で味を付け、ネギや干しエビを入れた「鹹豆漿」が味わえるのが「豆漿店」。そして豆乳に浸して食べる「油條」や台湾風の焼きパン「焼餅」、台湾風クレープ「蛋餅」や肉まんなどを合わせて頂けるのが豆漿店ならでは。
今回は、鹹豆漿ラバーの筆者がオススメする、台北で必ず行ってほしい「豆漿店」3店舗をご紹介します。

団地の中で朝ごはん「五湖豆漿」

団地の一角にある「五湖豆漿」の風景 団地の一角にある「五湖豆漿」の風景

台北中心部にある復興北路と興安街の交差点近く、団地の一角にある「五湖豆漿」。雨の日でも開放的な空間で食べられるローカル感溢れる同店は、長春市場の近く、団地内ということもあり、地元の人たちでにぎわっています。
五湖豆漿で一番人気の「鹹豆漿」は、比較的サラッとした豆乳スープですが、豆乳の味は濃いめ。かき混ぜると少しだけおぼろ豆腐のように固まってきます。中には、干しエビとネギ、油條が入り、キリッとした塩味が豆乳の旨みを引き立てます。その他に、優しい甘さの「豆漿」(温 or 冷)、「燒餅油條」、卵のふわふわ感が癖になる「蛋餅」などがあります。豆乳に合わせて、来店者が必ず頼む「小籠湯包」(8個入 or 4個入)は、あの薄皮の小籠包ではなく、ミニ肉まんが登場するので驚くなかれ。手作り感のある不揃いな皮にジューシーな肉汁が溢れます。
台湾の現地の人に紛れて、朝食を食べたい人にイチオシです。

昔懐かしい豆乳の味を味わうなら「青島豆漿店」

「青島豆漿店」の行列の様子 「青島豆漿店」の行列の様子

東門駅側の中正紀念堂近くにある「青島豆漿店」。老舗感漂う店の店頭では、おじさんが火加減調節しながら、職人のように丁寧に燒餅や肉餅を焼いているところが見られます。
こちらの豆乳は、「古早味」と言って、昔懐かしい焦がしたようなスモーキーな風味が特徴。今まで食べていた豆乳と全く違う味を知ることができるお店です。黒酢が効いた濃厚な「鹹豆漿」に合わせたいのが、看板メニューの「肉餅」。油を使わないで、手作業で焼いたパリパリの生地にジューシーな肉餡が入っており、噛んだ瞬間に肉汁が噴き出してくるのでご注意を。
こぢんまりとした店内が満席の際は、テイクアウトが吉。「外帯(ワイダイ)」と伝えて、持ち帰り用にしてもらったら中正紀念堂へゴー。開放的な敷地内には沢山ベンチがあり、二胡やサックスを自由に演奏している人たちを眺めながらの朝食はまた格別です。

行列に並んでも絶対食べたい!「阜杭豆漿」

「阜杭豆漿」の鹹豆漿 「阜杭豆漿」の鹹豆漿

台湾の有名豆乳店と言えば「阜杭豆漿」。毎日、2階にある店内から1階の地下鉄出口まで行列が続くので、その人気の高さは言うまでもありません。そんな行列の先に待っているのは、搾菜、干しエビ、ネギ入りの「鹹豆漿」。アツアツの濃厚豆乳スープの中のふわふわのおぼろ豆腐が、時間が経つにつれて固まってきますが、口当たりは滑らか。サクサクの油條がトッピングされていますが、油條好きな人は更に一本追加。豆乳に浸しながら食べるのが台湾流。また、表面が香ばしいネギ入りパンに卵焼きが挟んである同店売れ筋の「厚餅夾蛋」や、もちもちの皮の「蛋餅」、同店が得意とするサクッとしたパイ生地が美味しい「葱花鹹餅」など、どれも並んだ時間を後悔させないお味。
台北へ来たら、時間に余裕をみて、ぜひ並んでみては?

基本情報

阜杭豆漿のガラス張り向こうに見える厨房の様子 阜杭豆漿のガラス張り向こうに見える厨房の様子

■五湖豆漿
住所:台北市中山區興安街77號
時間:5:00〜11:00(無休)
アクセス:MRT「南京復興駅」OR「中山國中駅」から徒歩10分

■青島豆漿店
住所:台北市中正區杭州南路一段139-3號
電話:+886‐2-2393-4958
時間:5:30〜11:30(定休日:第二、四週日曜日)
アクセス:MRT「東門駅」出口1から徒歩6分

■阜杭豆漿
住所:台北市中正區忠孝東路一段108號2樓之28
電話:+886−2-2392-2175
時間:朝5:30〜12:00(定休日:月曜日)
アクセス:MRT「善導寺駅」出口5の目の前、華山市場2階

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/02/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索