page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
台湾・台北・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

永康街周辺で立ち寄りたい「衣類・ファブリック雑貨店」特集


台湾伝統の人形劇工房「彰藝坊」のキッチュな布バッグ

「彰藝坊」一階店内様子 「彰藝坊」一階店内様子

台湾で、廟のお祭りの時などに観劇できる人形劇「布袋劇」。その人形を作る工房が地下にある「彰藝坊」。一階の入口から布袋劇の人形が所々に飾ってあります。その人形の衣装に使ったはぎれを使って、オーナー陳さんが作り始めた布バッグが、キッチュで可愛いと外国人観光客にも評判。店内には、人形作りで培ったセンスが光る花布や台湾市場バッグの生地を組み合わせて作ったバッグや小物が所狭しと並びます。永康公園から徒歩5分程の閑静な住宅街の一角にある同店は、台湾文化を感じながら、台湾らしく、且つ独創的なバッグやファブリック雑貨が手に入る唯一無二のお店と言えるでしょう。
外のオープンエリアで近所の老若男女が集まって観る布袋劇は、近年台北ではなかなかお目にかかれなくなった台湾の素晴らしい文化のひとつ。日本の方にも少しでも興味を持つきっかけになってほしいです。

永康街周辺「鄭惠中布衣 -時喜人文」でヂェン先生の日常着を

「時喜人文」の店頭の様子 「時喜人文」の店頭の様子

台湾へ来て、手に入れたい服と言えば、「ヂェン先生の日常着」としてお馴染みの「鄭惠中布衣」。麻と綿の天然素材から生地を作り、様々な色で染料が極限になくなるまで染め上げた日常着は、カラーバリエーションが豊富で着心地が良いと、日本人にも大人気。その工房は、台北郊外の板橋にあり、行きにくい場所ありました。しかし、2018年より永康街から徒歩圏内、大安公園駅前に取り扱い店「時喜人文」がオープンしました。一階は、地元の方が集うサロンのようになっていて、オーナーこだわりのお茶や珈琲がいただけます(購入も可能)。二階に上がると、鄭惠中布衣の衣服が、子供服も含め種類豊富に並び、脇には試着室も完備。その隣には、太極拳やYoga、TRXのレッスンスペースもあり、旅行者でも一回1.5hr〜太極拳レッスンの体験可能。衣食住に楽しむヒントを見つけられる空間「時喜人文」に、ぜひ立ち寄ってみてください。

オリジナルのシノワ雑貨が揃う「Bao gift」

「Bao gift」店内のシノワ雑貨 「Bao gift」店内のシノワ雑貨

雑貨デザイナー兼バイヤーでもあるオーナーが、自らデザインしたオリジナル雑貨を中心に、可愛いMIT雑貨が集まる「Bao gift」。店内は、女子なら思わずキュンとしてしまう台湾らしさを感じられる雑貨で溢れている。
オリジナル一口サイズパイナップルケーキや台湾のタイル「老屋顏」や窓枠「鐵窗花」をモチーフとしたコースターやマスキングテープはもちろんですが、同店では特にファブリック雑貨が充実しています。チャイナ服が描かれたポーチをはじめ、カラフルな花布を使った財布やポーチ、台北101が描かれたトートバッグなど、自分土産やバラマキ土産にピッタリ。小ぢんまりとしたお店ですが、筆者自身も永康街を訪れたら必ず訪れるお店のひとつです。

シックな台湾ファブリックを探すなら「圓融坊」

「圓融坊」店内のチャイナ服 「圓融坊」店内のチャイナ服

上記「Bao Gift」の斜め向かいに位置するシックな佇まいのファブリック雑貨店「圓融坊」。広い店内には、シルク素材の小物入れやバッグ、テーブルクロスやチャイナ服など品の良いシノワ商品が揃っています。チャイナ服も普段使いできそうなコットン生地からレース生地まで揃っており、気張らない普段使いにもパーティー用にも用途によって選べるのが嬉しい限り。
また、シノワ雑貨というとチープな印象になりがちですが、同店では落ち着いた色合いの刺繍が施され、年齢関係なく取り入れやすいファブリックが充実しています。
この機会に、永康街でお気に入りの台湾ファブリック雑貨を見つけてみてはいかがでしょうか。

基本情報

「時喜人文」内の鄭惠中布衣のスカーフ 「時喜人文」内の鄭惠中布衣のスカーフ

■彰藝坊
住所:台北市永康街47巷27号
電話:+886-2-3393-7330
時間:11:00〜19:00 (休業日:月曜日)

■鄭惠中布衣 -時喜人文
住所:台北市大安區信義路三段109-3號
電話:+886-2-2707-6776
時間:10:00〜19:00

■Bao gift
住所:台北市大安區麗水街8號
電話:+886-2-2397-5689
時間:10:00〜21:30 (旧正月以外年中無休)

■圓融坊
住所:台北市永康街2巷12-1號
電話:+886-2-2322-2981
時間:11:00〜21:00 (旧正月以外年中無休)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索