台湾は甘いものの宝庫

台湾と聞いて思い浮かべるもののひとつに「スイーツ」をあげる方も多いのではないでしょうか。山と盛られたかき氷の上に色鮮やかなマンゴーがこれでもかと盛られた「マンゴーかき氷」、台湾みやげの定番としてあまりにも有名な「パイナップルケーキ」は、台湾旅行のガイドブックなどでよく見かける有名な台湾スイーツの両巨塔です。

甘い誘惑 台湾の温かスイーツ 甘い誘惑 台湾の温かスイーツ

夏には夏の、冬には冬のスイーツが

このほかにも台湾には街中で手軽に楽しめるスイーツがいっぱいあります。食後に甘味店で、お気に入りの甘いものを楽しむ老若男女はよく見かけます。「マンゴーかき氷」などの氷ものは暑い季節に身体の熱を取るのにぴったりですが、台湾では冬になると身体が冷えないよう、日本でいうおしるこのような温かなものをとるのが習慣。種類も大変豊富です。

ベース+トッピングでお好みの味に

たとえば「焼仙草」は寒い季節に人気のあるスイーツ。温めた仙草ゼリーをベースに、自分の好みの具材をトッピングして食べる、ゼリーのほろ苦さと具材の甘さが絶妙です。トッピングの具材には、「粉圓」(タピオカ)、「芋圓」(タロイモを練り込んだの団子)、「芋頭」(ゆでたタロイモ)、「紅豆」(あずき)、「緑豆」(りょくとう)、「花生」(ゆでたピーナッツ)、「地瓜圓」(さつまいもを練り込んだ団子)などがあり、自分の好みの具材を3、4種類をトッピングして楽しみます。

素朴さが魅力の風物詩

「焼仙草」のほかにも、温かいスイーツとして人気があるのは、ヘルシーで素朴な味わいの豆腐プリンをベースにした「熱豆花」でしょう。生姜汁をかけて食べると身体がホカホカと暖まり女性に大人気です。また、日本でもおしることしておなじみの「紅豆湯」など、冬のスイーツは、甘すぎない素朴な味わいが魅力。そのため女性だけでなく男性にも人気があり、街中の屋台では、家族連れやカップルで楽しむ姿も多く見られます。これらのスイーツが店に出始めると、人々は季節の移り変わりを感じるという、寒い季節の風物詩でもあるのです。