おすすめの夜の観光って?

みなさんは台湾へ行ったら何を楽しみたいですか? 有名な観光地もいいけれど、活気ある台湾の本当の姿を知りたいのなら、ナイトマーケットに行ってみるのもおすすめです。中国語でナイトマーケットは、「夜市(イエシー)」。夜市は毎日やっている地元の生活にとっても密着した場所なのです。

台湾のナイトマーケットへくり出そう! 台湾のナイトマーケットへくり出そう!

ゴチャゴチャ感を楽しむのが醍醐味

夜市は、一度食べたらやみつきになるB級グルメの屋台の数々、見たこともない面白雑貨、激安衣料品店、占いにペットショップ……。いい意味で“盛り沢山のゴチャゴチャ感”は、これぞ台湾!と言いたくなるほど楽しいものです。ここで台湾は台北の、地元っ子も大好きな、士林夜市をご紹介していきましょう。

雨でも食べ歩きが楽しめます

MRT淡水線剣潭駅にある「士林夜市(シーリンイエシー)」は、交通の便も良く、日本人観光客がもっとも多く訪れる夜市と言っても過言ではないでしょう。観光夜市といわれるぐらいで、お店の人も観光客に慣れているところがポイントですね。もちろん地元の人たちも、この夜市でご飯を食べるのは日常茶飯事。大人から子どもまで、暑くても寒くても、一年中深夜までにぎわっています。そう、台湾人は夜市が大好きなのです。2011年に大規模改修した食事エリアには、ショーロンポー、牛肉麺、スパイシーで特大の鶏の唐揚げなど、数えきれないほどのB級グルメや、台湾に行ったら楽しまずにはいられない南国特有の新鮮なフルーツが勢ぞろい。食事エリアは屋根付きなので、雨降りでも食べ歩きが存分に楽しめるのもいいですね。

B級グルメで満腹になったら……

お腹が満腹になったら、通路の両側に雑貨や衣類の屋台が立ち並ぶエリアをブラブラしてみましょう。食事エリアも同様ですが、通路はそれほど広くなく、時間によっては人も多く行列して歩くこともあるので、貴重品には十分注意して歩きましょう。衣類もアクセサリーも、とってもお手頃な価格で売っているので、お土産に迷ったら、ここで一風変わった台湾ならではの小物を探してみるのもよいでしょう。もちろん雑貨エリアにも食べ物屋台などが出ているので、歩き疲れたらちょっと腰をおろしたり、食べ歩きを楽しむこともできます。活気もありつつ、まったりと流れていく地元時間。こうした夜の楽しみ方は、台湾人も大好き。ぜひ夜市へくり出して地元の熱気を感じてみましょう。