血を使った料理は、日本ではあまりなじみがありませんが

「猪血湯(ヂューシュエタン)」をご存じですか。日本でお目にかかることはまずないと思われますが、台湾や香港などでは人気の食べ物です。初めて見ると、「赤い豆腐?レバー?レバーにしてはきれいに四角形に成形されているし、表面がつるんとしすぎている」と戸惑うでしょう。この食べ物の正体は、豚の血に塩を入れて蒸して固めたもの。とてもシンプルな作り方だけに、血の新鮮さが命です。豚の血を食べる習慣のない日本では口に入れることが難しいのも当たり前ですね。

いわば“赤い豆腐”、「猪血湯」を食べて元気いっぱい! いわば“赤い豆腐”、「猪血湯」を食べて元気いっぱい!

ゲテモノと決めつけないで!

白いごはんの上に載せることもありますが、ポピュラーな食べ方はスープ仕立て。ネギやニラなどといっしょに透明なスープで食します。「豚の血?!」と、はなから抵抗感を覚える人も多いことでしょう。しかしフランス料理にも「ブーダン・ノワール」という、豚の血を使った名物ソーセージがあるように、世界のいろいろな国で豚の血は食材として使われているのです。さあ勇気を出して、トライ!

お味は意外にもあっさり

さて、肝心の味ですが、私の個人的な感想は「飛び上がるほどおいしいわけでもない。しかし予想される“食べにくさ”はまったくない」。他の人に聞いても、「絶対に無理!」という意見もなければ「だからといって大好きというほどでもない」という、似たような感想が並びました。よほどハズレのお店に入らなければ、血なまぐささに悩まされることもほぼなく、どんなゲテモノかと構えていると拍子抜けするほどです。むしろあっさりしていて食べやすいのですが、想像力豊かな人は豚の血抜きを考えると食欲が失せてしまうかも。でも食というものは、本来、肉を食べるのも血を取るのも同じことですよね。

まさに医食同源。

私は貧血が深刻なので、香港や台湾で猪血湯を出す店を見つけると積極的に食べることにしています。鉄剤が飲めない体質なので、食事で鉄分を手軽に摂れるのがうれしいのです。猪血湯は栄養満点で、鉄分補給はもちろん、体を温め、肺の機能も高める効能があるとのこと。中華圏の人は医食同源を重視しているのですね。「体を温める」ということには特に重きを置いていると思います(その割には、暑い場所では冷房がきついですが)。だからスープ仕立てが一番理にかなうのでしょう。

いっそレバ刺し風にしてみては?

それにしても、食べ方については、なんとなくもう一押し欲しいところなのです。もしも古来からの食べ方にこだわらず、食感と味重視の日本人に受けるアレンジをするなら……おろし生姜と醤油、もしくは塩とごま油でレバ刺し風にしてみるのはどうかな?そんなふうに私は考えました。あなたの感想は、いかがでしょうか。あんなにレバ刺し大好きだった日本人なら、この大胆アレンジアイデアは大受けまちがいなしだと、私は思うのですが……!