パイナップルケーキ、どれも同じ味と思いきや……

台湾の人気土産のひとつといえば、「パイナップルケーキ」。からすみやお茶と並んで、お土産の定番としてご存じの方も多いことでしょう。私は、初めて台湾に行ったとき「どうせどれも似たようなものだろう。帰りの空港のお土産売り場で買っておけば間違いないはず」と、たかをくくっていました。観光地にもコンビニにも、本当にどこにでもパイナップルケーキは売られていて、パッケージだけ見ても何が何やらわからないのです。しかし、食べ比べてみると、一つ一つの製品の味のちがいにビックリしてしまいました。

人気のお土産、台湾の「パイナップルケーキ」は味も千差万別 人気のお土産、台湾の「パイナップルケーキ」は味も千差万別

「ケーキ」といってもクッキーとの中間くらいの食感が特徴

台湾のパイナップルケーキは、ケーキといってもいわゆるスポンジケーキのようなフワフワした洋菓子とは別物です。生地は硬くてどっしりしており、ケーキというよりもどちらかというとクッキーのような食感です。でもクッキーほどにはポロポロしていなくて、ケーキとクッキーのちょうど中間くらいの“しっとり・さくっ”とした生地です。形は厚みのある四角いものがほとんどですが、たまに円いものもあります。厚みがあるのは中に餡が入っているからで、これがパイナップルでできているのです。パイナップル餡は、パイナップルだけで作るものと、なめらかさを出すために冬瓜を混ぜているものとにほぼ二分されます。稀に、パイナップルケーキと銘打っておきながら冬瓜100%という謎のものもあるようですが、私は食べたことがないのでなんとも評価できません。

餡の中身は好みが分かれます

それを知って、「だったらパイナップル100%の餡のほうがおいしいに決まっている。混ぜ物をするのは邪道」と思いました。しかし、台湾人からするとそうとは言いきれないようです。冬瓜を混ぜたものは、ねっとりとからみつくような甘さがあり、その風味を好む人も多いのです。まさに「餡」です。一方、パイナップルだけで作られたものは、生のパイナップルをザクザク刻んで煮詰めていくとこんなふうになるだろうと予想のつく餡です。パイナップルの繊維が強く、酸味も強いので、フルーツのさわやかさを好む人にはこちらがおすすめです。

私の好みは「微熱山丘」です!

ちなみに私はパイナップル100%のほうが圧倒的に好みです。いろいろ買いましたが、中でも最近東京にも出店して勢いを増している人気店「微熱山丘(サニーヒルズ)」が、生パイナップルの味がストレートに出ていて一番好きです。松山空港から歩いても15分くらいのところにオシャレな外観のお店があります。店内に入るだけで、お茶とパイナップルケーキを一つ試食させてくれるのです。なんと気前がいいこと!しかも店員さんはみんな美人だし、外だけでなく内装も落ち着いていて、試食だけで幸せな気持ちになれますよ(一つ食べればきっとお土産に買いたくなりますが!)。他にも名店がそろう台湾。パイナップルケーキは安いので、あれこれ比べてみてください。