台湾にも「味噌汁」があるにはあるけれど……

台湾旅行に行ってきた娘が言いました。「セットメニューみたいなものに付いていたお味噌汁を飲んだけど、なんか、味が(日本と)ちがう。薄くて、甘くてあんまり私にはあいません。キャベツが入ってた」。台湾帰りの友人も「ホテルの朝食に味噌汁が出ました。具は豆腐が入っていました。日本と同じ味を期待してはいけません」。おそらく味噌汁が定着したのは日本統治時代の名残りと思われますが、年月を経て、日本人の作る味噌汁とは徐々に離れていったのでしょうね。

おいしい? おいしくない? 台湾の味噌汁 おいしい? おいしくない? 台湾の味噌汁

台湾の味噌汁、2つの大きな特徴とは

台湾で、味噌汁は日本食レストランにはたいてい置いてあるし、家庭料理でも味噌汁を作るそうです。けれども、一口に「味噌汁」といっても日本人が思う味噌汁とはちがう特徴があります。もっとも大きな特徴は、娘が言ったとおり「味が薄い」「甘い」という2点です。味が薄いのは、白飯とともに飲むという役割よりは、独立した「スープ」として飲むためでしょう。フランス料理のコースでは最初の方にスープだけが出てくるし、中華料理のコースでは後半にスープが出てきますよね。あのような感覚です。

甘めの味が好きなのは、南国の特徴

また「甘い」のは台湾人好みの味覚によると思われます。日本でも一般的に、北国よりも南へ向かうにつれ、料理の味付けは甘みが増す傾向にあります。味噌もそうですよね。日本のさらに南西にある台湾では、さらに甘くなったのでしょう。具材に玉ねぎなどの甘みが出る野菜をたくさん入れるし、なんと砂糖を溶かしている場合もあるそうです。日本人には不思議すぎますが、甘くなければ味噌汁ではないようです。ちなみに台湾では、味噌汁だけでなく、緑茶やウーロン茶、マヨネーズなども甘くしたものが売られているんですよ。

日本の味とはちがう味を試すのも旅の醍醐味かも

この他の特徴は、味噌汁を「ぐつぐつ煮込む」こと。料理をする人ならおわかりでしょうが、日本の味噌汁は、味噌を入れてからぐつぐつ沸騰させ続けることはしません。それでは味噌の風味が損なわれるからです。しかし台湾では、具材(野菜や魚のぶつ切りなど)に味噌味を染み込ませることを目的としているようなのですね。「味が薄くて、甘みが強くて、味噌の香りはない」と言われたら、なんとなく尻込みしてしまいそうな台湾式味噌汁ですが、日本人でも「おいしくて大好き」と言う人もいます。旅の味覚は何事もチャレンジ。台湾で、あえて一杯のお味噌汁と出会ってきてください。