地名がかわいい! 「猫空」ってどんなところ?

「猫空(マオコン)」って、どんなところか知らなくても、地名を見ただけで、行ってみたくなりませんか? 猫空は、台北市の南部の丘陵地帯にある木柵鉄観音、文山包種茶の産地です。茶農家が経営する60軒以上もの茶藝館がひしめきあい、週末ともなる台湾人の家族連れやカップルが訪れる人気スポットです。猫空は、もともと茶農家が、茶畑や茶摘みの様子を見学できるように観光客に開放したのが始まりです。今でも昼間に行けば、茶畑を歩いたり、お茶づくりを見学することもできますよ。おすすめは、夜の猫空です。茶藝館のオープンエアーのところで夜景を見ながら、のんびり中国茶を飲む。これが楽しいのです。

イェンスージーほど茶藝館に似つかわしくない食べ物はないけど、猫空ではありなのです イェンスージーほど茶藝館に似つかわしくない食べ物はないけど、猫空ではありなのです

猫空は夕ご飯を食べてから行く? それとも猫空で食べる?

私の初猫空は、台北の夜市で腹ごしらえをした後に行きました。もちろん、夜景を楽しむためです。茶藝館によっては、茶葉を使った茶葉料理も味わえます。晩ご飯に茶藝館で茶葉料理を食べた後、そのままお茶タイムに突入という手もあります。私は、晩ご飯はもう食べたので、茶藝館では、お茶と緑豆で作った点心だけを注文しました。お茶は、烏龍茶の一種でミルクの香りがすると言われる金宣茶です。「夜景を見ながら飲む中国茶も雰囲気あっていいなあ」と浸っていると、あれっ、何、このにおい?

茶藝館ではあり得ない、そのにおいの正体

台北郊外の澄んだ空気の所なのに、油っこいにおいが漂ってきました。もともと茶藝館って、アンティークの落ち着いたインテリアと緑に囲まれた静かな空間です。友人同士おしゃべりに花が咲いても、カフェのように大盛り上がりはありません。今、私がいるのは屋外のテーブルですが、茶藝館に似つかわしくない、この油っこいにおいはいったい何? それは私の周辺のテーブルのお客が持ち込んだ「鹽酥雞(イェンスージー)」でした。これは鶏肉や豚の血で色をつけた糯米、インゲン豆などの素揚げです。塩味をつけた鶏肉や野菜もおいしく、台湾人の若者が夜市のシメによく買うものです。

猫空の茶藝館ならではの楽しみ方

まさか、茶藝館に鹽酥雞(イェンスージー)を持ち込むとは! これは衝撃です。台北中心部の室内の茶藝館は、食べ物を持ち込みはできませんが、猫空の茶藝館はかなりゆるいようです。と言うのも、他にも鹽酥雞を持ち込んでいるテーブルが珍しくなかったのです。夜景を見ながら、中国茶を飲む猫空の茶藝館は、カップルが多いだろうと思ってました。実際は、グループも多く、ワイワイと居酒屋のノリです。猫空の茶藝館って、かなり自由な楽しみ方ができるのです。それもいいね! 台北の夜は、猫空に行ってみませんか!