台湾と大陸の牛肉麺を比べてみました!

大陸の牛肉麺を食べたことがある人が、台湾の牛肉麺を食べたら、「これが牛肉麺?」と、衝撃を受けること間違いなし。その前に、「牛肉麺」とは気づいていないかもしれません。それぐらい中国の牛肉麺と台湾の牛肉麺は違います。中国の牛肉麺は、牛骨からとったすっきり透明のスープが基本です。しかし台湾の牛肉麺は、お店によって違いますが、基本的に醤油色をしています。これは台湾の牛肉麺が「紅焼(ホンシャオ)」と呼ばれるお醤油味のものが多いからです。大陸の中国人なら、このスープの色にまず、びっくり。そして、たっぷり入った牛肉にまた、びっくりです。

台湾の牛肉麺は、とにかく牛肉がたっぷり。その分、お値段も他の麺類と比べると高め 台湾の牛肉麺は、とにかく牛肉がたっぷり。その分、お値段も他の麺類と比べると高め

国民党が台湾にもたらした大陸の食

大陸の牛肉麺は、牛骨スープからとったスープが重要で、大きな肉の塊は、追加注文しないと入っていません。申し訳程度の肉がほんの少しのっている程度。そんな大陸の牛肉麺と台湾の牛肉麺は、全く違います。台湾には、もともと牛肉麺はありませんでした。第二次世界大戦後、大陸での権力闘争に敗れた蒋介石率いる国民党が台湾にやってきました。この時に、大陸からやってきた人たちを外省人と言います。牛肉麺は、外省人が台湾に伝えた食のひとつです。ちなみに小籠包子もそのひとつです。外省人がもたらした牛肉麺は、台湾に根付き、台湾独自の発展を遂げました。それが今の牛肉麺です。

大陸の牛肉麺はすっきり澄みきったスープ。肉はほとんど入っていないので、お値段は、麺類の中でも一番安い 大陸の牛肉麺はすっきり澄みきったスープ。肉はほとんど入っていないので、お値段は、麺類の中でも一番安い

台北駅前の城中市場に行ってみよう!

台湾には、あんかけの麺線、涼麺と呼ばれる汁なし混ぜ麺などもありますが、牛肉麺は、特別の位置づけのようです。牛肉麺だけの本が出ていますし、日本のラーメンのように語りたくなるものがありそうです。さて、私のおすすめは、台北駅前の重慶南路と武昌路の交差点に位置する城中市場の中にあります。小さな市場ですが、おいしいオーラが出ている食堂が集まっています。その中に、全くもってこぎれいでない牛肉麺屋さんがあります。お昼時は、お客でいっぱいなので、「ここにしよう!」と思わず、入ってしまいそうになります。そこが「老牌牛肉拉麺大王」です。丸刈り頭にも見える中年のおじさんが入り口で麺を茹でているのですぐ、わかりますよ。

この看板が目印! とにかく前を通ると「うまい!」オーラが出ています この看板が目印! とにかく前を通ると「うまい!」オーラが出ています

とにかく味で勝負の「老牌牛肉拉麺大王」

縮れたような麺の上には、牛肉の塊がゴロゴロ! 食欲をそそる醤油色のスープ! 食べてみると、コシのある手打ち麺がまず、おいしい。一見、こってりに見える醤油色のスープもすっきりちょうどいい。何より牛肉の塊の加点が大きいです。台湾人と同じように高菜漬けを入れて食べると、さらに味が変わります。夢中で食べていて、ふと、気づきました。この「老牌牛肉拉麺大王」はご主人も含め、給仕をしているのも中年の男性。市場の中の飾り気がないお店で、さらに中年のおじさんスタッフばかりとくると、かなり個性的なお店です。牛肉麺の他に汁なしのジャージャー麺を食べているお客も目につきました。とにかく味で勝負の老牌牛肉拉麺大王で、次はジャージャー麺を食べることに決定!