page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

海外旅行台湾編! どうしても挟まずにはいられない! 台湾で人気の朝ごはん!


掲載日:2016/12/03 テーマ:グルメ 行き先: 台湾 / 台北

タグ: おいしい 安い 街歩き 朝食 名物


台湾の朝ごはんは、朝ごはん食堂に行ってみよう!

朝ごはん食堂の入り口は、どこもこんな感じ。せいろと熱々の肉曼などが入っているケースが目印 朝ごはん食堂の入り口は、どこもこんな感じ。せいろと熱々の肉曼などが入っているケースが目印

台湾には、おいしいものがありすぎです。魯肉飯、小籠包子、マンゴーかき氷などなど。台湾に行くと、1日中何かを食べていると言ってもいいぐらいです。せめて朝ごはんは、その後に備えて控えめにしたい。でも、それができません。台北に行ったとき、私が朝ごはんを食べるのは、ゲストハウスから徒歩1分の「四海豆漿大王」という朝ごはん食堂です。朝ごはん食堂とは、朝ごはんにぴったりな豆漿(トウジャン)と呼ばれる豆乳や大根餅、饅頭(蒸しパン)などの粉ものがそろっている食堂のことです。台湾には四海豆漿大王のような朝ごはん食堂は多く、テイクアウトも含め、出勤前の台湾人が朝ごはんを食べていきます。

台湾で大人気の大根餅の朝ごはんとは?

卵焼きを混ぜるだけで、見た目はもちろん、おいしさも倍増! 卵焼きを混ぜるだけで、見た目はもちろん、おいしさも倍増!

朝ごはん食堂で出会う台湾人を見ていると、豆漿と何かもう1品を食べている人が圧倒的に多いです。豆漿と言っても熱、温、冷の3種類あります。もう1品には、大根餅がダントツで人気がありますが、饅頭、焼餅などもなかなかいけます。大根餅は飲茶点心のあの大根餅です。台湾では、やや甘いソースをかけて食べます。ただ、台湾では、シンプルに大根餅だけで食べている人は皆無! 卵焼きを混ぜないのは許せないらしく卵焼きとセットにするのが鉄則です。

台湾の定番朝ごはんのひとつ。焼餅と葱花餅の違いとは?

胡麻入りの焼餅から少しはみ出ているのが猪排! 胡麻入りの焼餅から少しはみ出ているのが猪排!

私は朝は、パンなど小麦粉で作ったものが好きなので、焼餅か葱花餅派です。焼餅は、層になった生地がサクサクのパイ、葱花餅は、ネギ入りだけにネギのにおいがぷ〜んとするパンです。どちらもけっこうボリュームがあるので、単品で食べてもお腹にきます。私は単品で十分なんですが、まわりの台湾人がみんな何かを挟んでいるので、挟まないといけない気がしてくるのです。それで卵焼きか「猪排(ジューパイ)」のどちらかを選んでしまいす。猪排は、豚肉のソーセージのようなものを薄く切って、焼いたもの。これを焼餅か葱花餅の真ん中を切り、挟んでもらって食べます。

台湾の朝ごはん食堂では、なかなかできないこと

r卵焼き入りふんわり葱花餅と豆漿の組み合わせは最高! r卵焼き入りふんわり葱花餅と豆漿の組み合わせは最高!

焼餅も葱花餅も卵や猪排を挟むと、ボリューム満点のサンドイッチかハンバーガー風になります。マネして同じものを食べてみると、単品で食べるよりずっとおいしいんです。特に猪排はソースもつけるので、それを葱花餅に挟むと照り焼きバーガー風になります。おいしいけれど、食べ終わった後、本当におなかいっぱい。朝だけは控えめにしたかったはずなのに。台湾人のマネをして食べていたら、おいしい朝ごはんにはありつけますが、控えめに食べるというのは、不可能。台湾の朝ごはん食堂では、腹八分目や控えめに食べるなんてことは忘れて、今は台湾の名物朝ごはんを楽しむと割り切りきましょう。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/12/03)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索