台湾で朝ごはんを食べる時、なかなか決められないのが問題

今朝は何を食べようかな〜。飲み物の豆乳は決定として、もう1品はサクサクの焼餅か、たまには小籠包子もいいなあ。ごく普通に揚げパンの油条にしたほうがいいかな? 台北に行くと、朝ごはんに何を食べるか、とにかく迷います。特に「永和豆漿大王」や私のお宿に近い「四海豆漿大王」といった朝ごはんメニューがそろっている食堂に行くと、決められません。豆漿などの飲み物も饅頭や油条などの主食もそろいすぎなんです。しかも主食は、卵焼きや「猪排(ジューパイ)」と呼ばれる豚のソーセージを焼いたものまではさめるので、ますます迷ってしまいます。

台湾の定番朝ごはん。焼餅夾猪排と豆漿。 台湾の定番朝ごはん。焼餅夾猪排と豆漿。

台湾の朝ごはんは、飲み物だけでもこんなにいっぱい!

この飲み物と主食の品ぞろえの良さが台湾の朝ごはん食堂の特徴です。とにかく何でもあります。例えば、飲み物なら「豆漿(トウジャン)」と言う豆乳ですが、これも熱、温、冷の3つの温度のものがそろっています。「鹹豆漿(シェントウジャン)」と言うしょっぱい豆乳もあります。さらに「米漿(ミージャン)」と呼ばれるピーナッツと米を水につけた後に臼でひいてドロドロにした飲み物もあります。中国ではほとんど見かけない米漿ですが、台湾ではメジャーです。台湾の朝ごはん食堂は、なんでもあるかわりに地方食は感じません。台湾南部でも東部でも食べられるものは台北とほぼ同じです。

台湾の朝ごはん。左は米漿、右は小籠包子。小籠包子は、せいろ一段分ではなく少量から注文オッケー! 台湾の朝ごはん。左は米漿、右は小籠包子。小籠包子は、せいろ一段分ではなく少量から注文オッケー!

中国の朝ごはんは、そこでしか食べられないのが魅力!

中国の朝ごはんと比較してみました。中国でも豆漿やお粥、油条、饅頭などは、どこに行っても食べられる定番です。それに加えて上海なら小籠包子、一口焼きまんじゅうの生煎饅頭(ションジェンンマントウ)、北京なら豆乳と勘違いされるけれど、味は異常に酸っぱい豆汁(トウジー)、すかすかの揚げパンの焦圏(ジャオチュエン)など、朝ごはんも地方色が豊かです。省ごとに名物の朝ごはんがあり、その地方に行かないと食べられないってところがすごくいい! 朝ごはん向きのメニューを集めた食堂は、非常に少なく、普通の食堂が朝も営業しているといった感じです。おおざっぱに分けると、扱っているのは、豆漿、お粥、油条などの中国を代表する朝ごはんか、その地方の名物朝ごはんのどちらかです。

北京の定番朝ごはん。右は豆汁、左のわっかが焦圏、ゴマパンが焼餅。豆汁は他の地方の中国人が豆乳を勘違いして飲み、あまりのまずさに驚くと言われている 北京の定番朝ごはん。右は豆汁、左のわっかが焦圏、ゴマパンが焼餅。豆汁は他の地方の中国人が豆乳を勘違いして飲み、あまりのまずさに驚くと言われている

食べているものは似ていても、実は違う台湾と中国の朝ごはん

中国で朝ごはんを食べる時は、自分が食べたいものがあるお店を選んでいるので、何を食べようか悩むなんてことはないのです。もちろん中国にも朝ごはんメニューがそろっているところはあります。やはり永和豆漿大王です。もともとは台北の永和区で生まれたチェーン店で、資本は違うようですが、中国の大都市にも進出しています。ここに行けば、そろっていますが、家の近所や通勤途中にある食堂や屋台で食べる人が多数派に見えます。中国も台湾も豆漿やお粥、油条など共通する朝ごはんはたくさんありますが、やはり特徴は違っています。台湾は、メニューが充実しているお店でよりどりみどりが楽しい。中国は、そこでしか食べられない地方食豊かな朝ごはんが食べられるのが魅力です。

上海の人気朝ごはんのひとつ、生煎饅頭は、一口焼き豚まん。カリッと香ばしい生地の中に熱々の肉汁。酢につけて食べると、感動のおいしさ! 上海の人気朝ごはんのひとつ、生煎饅頭は、一口焼き豚まん。カリッと香ばしい生地の中に熱々の肉汁。酢につけて食べると、感動のおいしさ!