page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

海外旅行台湾編2020/教えて!台湾で人気の四川風牛肉麺の謎


掲載日:2020/07/08 テーマ:グルメ 行き先: 台湾 / 台北

タグ: おいしい ためになる 行列のできる店 名物 麺類


台湾リピーターに人気のボリュームたっぷりの豪華麺とは?

台湾名物の牛肉麺。高菜漬けを入れて食べるお店が多い 台湾名物の牛肉麺。高菜漬けを入れて食べるお店が多い

関空からなら台北まで約3時間、格安航空のキャンペーンなどを利用すれば、片道1万円以内で行けることもあります。台湾好きな日本人にとって、台北は沖縄に行くのと同じようなのり?そんな台湾リピーターに人気の台湾名物の麺と言えば、「牛肉麺」です。台湾を代表する麺には「麺線」と呼ばれる、とろっとしたスープで食べる細麺があります。牛肉麺は、麺線とは異なり、手打ちの太麺が主流。「紅焼」という醤油煮込みにした牛バラ肉が麺の上にゴロンゴロン入った豪華麺です。ほとんど肉が入っていない麺線に比べ、牛肉がたっぷり入った牛肉麺は、お値段も高め。牛肉麺1杯の値段で麺線が2、3杯は食べられます。

本当は台湾生まれではない牛肉麺の謎

成都の担担麺。汁なし麺なので、注文するとスープがついてくる時が多い 成都の担担麺。汁なし麺なので、注文するとスープがついてくる時が多い

さて、台湾の牛肉麺ですが、最初から台湾にあった麺ではありません。1949〜1955年に共産党との権力闘争に敗れた蒋介石と国民党軍とその関係者が台湾に逃れてきました。この「外省人」と呼ばれる中国人が伝えた食のひとつが牛肉麺です。ここまでは知っていたのですが、台湾人に教えてもらいたい謎がありました。台湾の牛肉麺は「四川紅焼牛肉麺」や「天府(四川省のこと)麺庄」など、四川風の味付や四川を名前にしたお店が目につきます。中国の麺好きなら、「牛肉麺は甘粛省蘭州の名物、四川の麺は担担麺」と思ってしまいます。実際に四川省成都に行くと、牛肉麺は名物でも有名でもない麺の一つにすぎません。どうして台湾では牛肉麺と言えば、四川の冠が付くところが多いのか、ず〜っと気になっているのです。

2種類ある台湾の牛肉麺

蘭州名物の牛肉麺。蘭州人がこよなく愛する朝ごはんの一つでもある。蘭州人なら必ず行きつけの店があると言われるほど、蘭州人の生活と関係がある 蘭州名物の牛肉麺。蘭州人がこよなく愛する朝ごはんの一つでもある。蘭州人なら必ず行きつけの店があると言われるほど、蘭州人の生活と関係がある

台湾の牛肉麺には、2種類あると言われています。「紅焼」と「清燉」です。私は清燉タイプを食べたことがないのですが、こちらは澄んだ牛骨スープで食べる蘭州風の牛肉麺です。四川風とされているのは紅焼のほう。とあるインターネット百科事典によると、四川風牛肉麺と呼ばれるのは、四川籍の老兵が成都の「小碗紅湯牛肉」を改良して広めたのが始まりだからだそうです。先日、BS12で「舌の上の中国(舌尖上的中国)2」を見ました。この番組は、中国で爆発的にヒットした食のドキュメンタリー番組の続編です。その第4話で台湾の牛肉麺を取り上げていました。これを見ると、ずっと知りたかった謎が少しだけ解けたような気がしました。

「舌の上の中国2」で解けた牛肉麺の謎

台湾名物の麺線。日本よりずっと暑い台湾なのに、秋や冬にぴったりなとろみがついている 台湾名物の麺線。日本よりずっと暑い台湾なのに、秋や冬にぴったりなとろみがついている

「舌の上の中国2」によると、やはり台湾の牛肉麺は、四川出身の兵士が伝えたものでした。四川省は内陸部ですが、「天府」と呼ばれるほど資源や物産が豊かなところです。中国人にとって、そんな豊かな土地の食は、美味しいというイメージがあります。だから牛肉麺には、天府など四川風であることを強調する名前がついているのだそうです。「舌の上の中国」は、1、2ともに全編ではありませんが、ユーチューブで見ることができます。大陸だけでなく、台湾や香港の食も紹介しています。中央電視台が中国の威信をかけて作っているので、贅沢な映像で各地の食文化を知ることができるおすすめ番組です。新型コロナウイルスが収束し、再び旅立てる日まで「舌の上の中国」で中国の旅と食を楽しんでみませんか?

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/07/08)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索