魅力だらけの台湾はいかが

日本でのカウントダウンイベントを楽しむのもいいけど、せっかくだし少し足を伸ばして海外に行きたい、でもなるべく近くで、という方にオススメなのが台湾。東京からなら約3時間半で行けるということもあり、人気のスポットとなっています。歴史的背景もあり日本語が喋れる方が多く、日本と比べて物価も安いということも旅行者の多い理由としてあげられます。地域にもよりますが、地下鉄は約60円〜などお財布に優しい物価であります。そんな魅力的な国でのカウントダウンを見てみましょう。

世界のニューイヤー〜台北101で最高のカウントダウンを! 世界のニューイヤー〜台北101で最高のカウントダウンを!

台湾の首都、台北で1番と言えば

台北の象徴とも言えるのが「台北101」。台北101は、台湾台北市信義区にある超高層ビルです。高さ509.2mで、地上101階、地下5階からなり、名前はこれに由来しています。完成した2004年には世界一の超高層建築物として話題になりました。まさに国をかけたビル建設であったと言えます。近代的なデザインのビルは地元の方からも愛され、連日多くの人で賑わっています。毎年5月には、このビルの1階から展望デッキのある91階までの2046段の階段を駆け上がる「台北101國際登高賽」という超ストイックなレースが開催されています。

台湾1番の場所で楽しむカウントダウン

そんな台北101では毎年、新年を祝う花火大会を実施しています。時間は元旦0時からたった3分間ですが、その間はビル全体から花火のシャワーが吹き出し、瞬きする間すらありません。最後の火花の輝きが薄れ、夜の闇に交じりきるころ、101の電光掲示板に表示される「HAPPY NEW YEAR」の文字とともに新年を祝う声が巻き起こります。台北101カウントダウン花火の開始前には、台北市政府前の広場で19時からカウントダウンライブのイベントもあります。近場の海外で思い切り楽しみたいという方は是非、台北へ。ちなみにこのカウントダウン、コストがかかりすぎると言うので、2015-2016を最後に廃止することが検討されているようです。その前にぜひ、見に行きたいですね。