台北の古刹、龍山寺

台北駅からMRT(地下鉄)で2駅目に龍山寺駅があります。このあたりは萬華と呼ばれ、台北発祥の地と言われています。その中心に位置するのが龍山寺です。1738年創建の台北最古という仏教寺院で、台北の庶民から愛され、日々、訪れる人が絶えません。台北の最強パワースポットとも評されるほどで、ぜひ1度おみくじをひいて、占ってもらいたいものですね。龍山寺に着いたら、まず右に見える「入口」と書かれた龍門から入ります。この時、左足から入るようにし、さらに敷居を踏んではいけません。ちゃんとまたいで入りましょう。入るとすぐに日本語の案内看板があり、現地で「拝拝」というお参りの仕方が説明されています。まずは線香を7本購入します。火をつけたら本殿に向かって3回お辞儀して、氏名、生年月日、住所を心の中で唱えます。こうしたことをはっきりしておかないと、神様も、誰の願いをかなえてあげていいのかわからないそうです。

願うのは、恋愛成就かな? 願うのは、恋愛成就かな?

たかがおみくじでも、時間がかかるかも……

願いが終わったら、線香は香炉に投げ入れます。そして左回りに、一巡します。台湾で一番人気の媽祖様や、学問の神様文昌帝、商売の神様、子宝、安産の神様、恋愛の神様、月下老人などが鎮座しています。神様は7人いるので、線香も7本、その都度お参りして香炉に投げ入れるのです。さて次はいよいよおみくじです。両手に半円形の木片を持って、願い事をしてから、床に投げます。表と裏が出れば、おみくじをひいてもいいですが、それ以外が出たら、やり直しです。出るまで頑張りましょう。そして表裏が出たら、木の棒でできたおみくじをひきます。今度もまた木片を投げて神様に、このおみくじでいいかどうかたずねます。本来は3回出たらいいのですが、旅行者は1回でもいいとのこと。お寺には日本語を話せるボランティアガイドがいるので、説明してもらいながら、やるとより楽しいでしょう。

おみくじを解読?

ようやく自分のおみくじが決まったら、その木の棒にある番号の引き出しから、紙のおみくじをいただきます。ただ、意味がよく分からないので、解籤処に赴きます。そしてどんな願い事をしたのか、なるべく具体的に話します。すると、その願い事に対して、おみくじはどう占ってくれているのか、専門家の方が解読して下さるのです。こうした一連の流れがあるので、ガイドさんが必要なのですね。さて、恋愛については月下老人のところに参ります。ここでは運命の赤い糸が手に入りますが、ここでもやはり、具体的に誰と運命の糸を結びたいのか、はっきりさせておきましょう。そしてまた木片投げをやってから、ようやく赤い糸をいただくのです。この赤い糸、身に付けておくといいことがあると言われています。そし正面左の虎門から外に出ます。あたりには美味しいお店がいっぱいあるので、こちらにも立ち寄ってみたいですね。