page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年版】初めての台湾で知っておきたい、台湾国内移動の手段あれこれ


掲載日:2019/09/19 テーマ:観光地・名所 行き先: 台湾 / 台北

タグ: ひとり旅 カップル 街歩き 新幹線 地下鉄 鉄道


台北市内はMRTがわかりやすく便利

はじめての台湾への旅行で、知っておきたい国内移動の手段をご紹介します。まずは、台北市内の交通からいきましょう。台北市内の移動で便利なのは、MRTと呼ばれる地下鉄です。切符の買い方や乗り方も日本と大差はなく、ハードルが低いのもうれしいところです。自動券売機の中には、日本語表記に切り替えられるものもあります。切符を買う場合、切符の代わりにトークンと呼ばれる丸いものが出てきて、これが切符になります。改札を通る時はトークンを読み取り部分にかざし、降りる時はトークンの回収口にトークンを入れます。また、Suicaのような交通系のICカードである「悠遊カード」を購入してチャージして使うと便利ですし、料金も割引になるのでおすすめです。悠遊カードは、駅の窓口やコンビニなどで購入出来て、バス、台湾鉄道、コンビニやスーパーでのお支払いにも使えます。

ハードルが高い路線バスとラクチン市内観光バス

台北市内のバスですが、初めての台湾では少しハードルが高いかもしれません。駅から離れた場所にバスで行きたい場合は、事前にグーグルマップなどで検索しておくと良いでしょう。バスを乗りこなしたいあなたには、バスアプリをダウンロードするという方法もあります。また、バスでの料金の支払いは、先払いと後払いがあり、それぞれのバスに表示されています。上車収費は先払い、下車収費は後払いの意味になります。現金の支払いはおつりが出ないので、悠遊カードを用意しておくと便利です。また、観光スポットをまわる2階建てオープントップバスもあります。チケットには、4時間チケットと24時間チケットがあり、それぞれの時間内でしたら乗り降りが自由です。コースには、レッドルートとブルールートがあり、運行間隔は約30分から40分に1本です。国立故宮博物院、TAIPEI 101、士林観光夜市、龍山寺、中正紀念堂などの観光スポットを効率よくまわれます。

台北から郊外へ出るなら台湾鉄道と台湾新幹線

台北から少し足を延ばして郊外へ出る時には、台湾鉄道が便利です。観光スポットの九ふん(にんべんに分)へ行くには、台北から九ふんへの最寄り駅である瑞芳まで乗車し、約50分ほどで到着します。この区間では、悠遊カードを使って日本のように改札を通り、出る事が出来ます。また、遠距離を移動する時には、台湾新幹線が便利です。台湾新幹線のチケットでは、外国人限定の乗り放題のフリーパスがあります。これは連続3日間乗り放題と7日間のうち2日間指定できるフレキシブルパスがあります。こちらは、事前に購入したバウチャーとパスポートを持って駅の窓口に行く必要はありますが、指定席も利用出来るので、その際に指定席の予約も一緒にしてもらうと良いでしょう。それでは、台湾への旅、楽しんできてくださいね!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/09/19)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索